浜崎朱加
名前: 浜崎朱加
Ayaka Hamasaki
出身地: 日本 山口県
生年月日: 1982年3月31日
身長: 158cm
リーチ: 160cm (63inc)
体重: 49.0kg
所属: AACC
Twitter: @kk331ayaka
Instagram: ayaka0331
YouTube: 浜崎朱加channel

高校から始めた柔道で培った極めの強さと、類まれな打撃のセンスで10年にはJEWELS初代ライト級(当時の階級は-52キロ)初代女王の座に輝く。その後もJEWELSで魅津希、ハム・ソヒ、辻結花といった実力者たちを退けると、Invicta FCへ参戦する。15年10月にエリカ・チブリシオの持つInvicta FC世界アトム級王座に挑戦し、見事勝利を収め日本人初となる世界王者に輝いた。その後、二度の防衛に成功し、17年にベルトを返上。

18年5月に舞台をRIZINに移し、アリーシャ・ガルシア、DEEP JEWELSアトム級王者の黒部三奈を破り、その大晦日に初代RIZIN女子スーパーアトム級のタイトルを賭け、17年GP覇者の浅倉カンナと対戦。2Rに得意の腕十字でタップを奪い、元世界王者の貫録を見せつけた。19年6月にはInvicta FC世界アトム級チャンピオンのジン・ユ・フレイとの防衛戦に臨み、フルマークの判定で初防衛を果たす。続く8月大会ではアム・ザ・ロケットに1Rアームバーによる一本勝ちを収め、大晦日にハム・ソヒ相手に2度目の防衛戦に臨みハイレベルな打撃戦を繰り広げた。結果は僅差で敗れたものの、同階級の世界頂上決戦に相応しい内容で会場を沸かせた。20年8月にはDEEP JEWELSアトム級王者の前澤智に得意のアームロックを極め圧勝。その大晦日には山本美憂との王座決定戦を制し再び女王の座に返り咲いた。21年3月には浅倉カンナと再戦し、激しい打撃戦を制し防衛を果たすと、9月大会ではPANCRASE王者・藤野恵実と壮絶な打撃戦の末に判定勝ちを収めた。21年大晦日にDEEP JEWELS王者の伊澤星花とノンタイトルで対戦。しかし本来の強さを発揮できないまま2Rにレフェリーストップによる惜敗を喫した。22年4月大会ではベルトを賭けて伊澤との再戦が決定し、王者として迎え撃つも判定負けで防衛ならず。再起戦となった23年7月のGP参戦一回戦で約10年越しの対戦となったジェシカ・アギラーをフルマークの判定で破り、師匠・藤井惠の敵討ちを果たした。二回戦となった9月大会ではパク・シウと対戦するも試合中に腕を骨折し、本領発揮できず判定負けを喫した。

約1年半ぶりの復帰戦を勝利で飾りたい。

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT

RIZIN LANDMARK 8
RIZIN LANDMARK 9 in KOBE
RIZIN.46

MOVIE

RESULT

RIZIN.45


FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信

人気記事

This article is a sponsored article by
''.