阿部大治
名前: 阿部大治
Daichi Abe
出身地: 日本 新潟県
生年月日: 1991年11月27日
身長: 180cm
リーチ: 184cm (72inc)
体重: 71.0kg
所属: フリー
Twitter: @daichiabe_jp
Instagram: daichiabe.jp
YouTube:

バックボーンは小学校2年生から始めた柔道だ。柔道では高校3年の時にはインターハイ90kg級で優勝を果たす。しかし高校卒業後はキックボクサーを目指し地元のチームゼロスに入門。RISEやJ-NETWORKなどで10勝4敗の戦績を残し、14年8月には初代J-NETWORKライトヘビー級王者となった。その後は総合格闘家になるためにハワイのHMCでトレーニングを積み、16年4月のパンクラスのMMAデビュー戦では僅か24秒でKO勝ちを収めた。その後も連勝を重ね、17年7月にはタイトルマッチに辿り着くと王者・三浦広光を2R序盤に右フックをヒットさせ、最後はパウンド葬によるTKO勝ち。パンクラス史上最速記録となるデビュー4戦目でチャンピオンに輝く。同年9月にはUFCデビューをするとイム・ヒョンギュに判定勝利。しかし、その後は連敗を喫し、18年10月にはONEに参戦するも結果を残せなかった。心機一転で20年8月のDEEPに初参戦すると、元・修斗環太平洋王者の佐藤洋一郎との激闘を制し、11月には元DEEPウェルター級王者の悠太を1R終盤に左フックを当てて最後はパウンドで仕留めた。21年2月にはウェルター級暫定王者決定戦でレッツ豪太と対戦。1R中盤に放ったフックでレッツが左手指を負傷しドクターストップによる1R TKO勝ちを収め、暫定王座を獲得した。その試合後のマイクでライト級に転向を宣言。

RIZIN初参戦となった21年10月のRIZIN.31横浜大会でアキラと対戦するも、本来の強さを発揮できずに一本負けを喫した。22年3月のRIZIN.34大阪大会では階級を本来のウェルター級に戻しストラッサー起一にフルマークの判定勝ちを収めると、22年5月に住村竜市朗がDEEPのベルトを返上したことで正規王座となる。22年7月のRIZIN.37でソウザ兄弟最強と呼ばれるマルコスにKO勝利、同年10月のRIZIN.39で修斗環太平洋王者の田村ヒビキに判定勝利を上げ、RIZIN3連勝を飾った。しかし23年2月のDEEPのタイトルマッチで鈴木慎吾ギロチンチョークによる一本負けを喫し王座陥落となり、7月の超RIZIN.2でイゴール・タナベと対戦するも、1Rにヒールホールドで一本負けを喫し2連敗。

再起戦となる今大会で勝利を誓う。

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT

Yogibo presents 超RIZIN.3


MOVIE

RESULT

Yogibo presents RIZIN.47


FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信

人気記事

This article is a sponsored article by
''.