伊澤星花
名前: 伊澤星花
Seika Izawa
出身地: 日本 栃木県
生年月日: 1997年11月1日
身長: 160cm
リーチ: 162.5cm (64inc)
体重: 49.0kg
所属: Roys GYM
Twitter: @starflower2525
Instagram: starflower.1101
YouTube: 伊澤星花と風我の姉弟ch

現・RIZINスーパーアトム級王者、DEEP JEWELSストロー級王者。幼少の頃より柔道、レスリングを始め、レスリングで全国中学生選手権優勝、高校2年生の時に柔道でインターハイ3位、全日本女子相撲選手権準優勝という実績を持つ。大学院に進学後に本格的に総合格闘家へ転向すると、20年10月のDEEP JEWELSでARAMI相手にデビュー戦とは思えない動きで序盤から相手をコントロールしてフルマークの判定勝ちを収める。続く11月にはグラップリングマッチでSAKURAと対戦し圧勝。12月には王者・本野美樹との対戦というビッグチャンスが巡ってくると、プロ2戦目で王者・本野から判定勝ちを収めた。そして、21年 6月に本野とベルトを賭けて再戦が決まると、1Rにアームバーによる一本勝ちを収め、デビューからわずか8ヶ月、3戦目でチャンピオンに輝くという快挙を成し遂げる。10月にはパク・シウと対戦し、途中でパクの反則行為により顔面を腫らすも、テイクダウンに成功するとグラウンドで終始コントロールに成功し判定勝ちを収めた。

RIZINデビュー戦となった21年大晦日に王者・浜崎相手に真っ向勝負に挑み、2RにTKO勝ちを収める番狂わせを演じた。22年4月大会では浜崎の持つベルトを賭けた再戦が決定し、フルマークの判定勝ちを収め王座獲得に成功。その試合のマイクでGP開催を直訴し、22年7月のGP1回戦ではブラジルの寝技師・ラーラ・フォントーラから一本を獲り、9月大会2回戦ではウクライナのアナスタシア・スヴェッキスカにアームバーを極め決勝戦へ駒を進めた。約1年2ヵ月ぶりのパク・シウとの再戦では王者の強さ を見せつけ判定勝利し優勝を果たした。23年の5月大会で山本美憂との対戦が決定していたが美憂の怪我により中止に。同年7月の超RIZIN.2ではクレア・ロペス相手に初防衛戦を行い、1R序盤にニンジャチョークを極め防衛に成功した。23年大晦日、怪我から復帰しこの大会をもって引退する山本美憂と対戦し、2Rにタップを奪い一本勝ちした。

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT

Yogibo presents RIZIN.46
Yogibo presents RIZIN.47
Yogibo presents RIZIN.46

MOVIE

RESULT

RIZIN LANDMARK 9 in KOBE


FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信

人気記事

This article is a sponsored article by
''.