ヴガール・ケラモフ
名前: ヴガール・ケラモフ
Vugar Karamov
出身地: アゼルバイジャン
生年月日: 1992年2月20日
身長: 175cm
リーチ: 179cm (70inc)
体重: 66.0kg
所属: ORION FIGHT CLUB
Twitter: @vugar_karamov
Instagram: vugar_karamov
YouTube:

19年のライト級トーナメントを制したトフィック・ムサエフと同門のファイター。柔道やウーシュー散打、コンバットサンボを習得し、ウーシューではイスラム選手権で優勝した実績を持つ。そのムサエフ同様に、体幹の優れたフィジカルと豪快な打撃を武器とし、12年4月にロシアで行われたCISでプロデビューを果たす。そのデビュー戦こそ敗れたものの、その後は4試合連続1Rでフィニッシュしている。自国のアゼルバイジャン、ウクライナ等の大会で連勝を飾り、19年11月にはイスラエルで行われたBellator 234に参戦するとグスタボ・ワリッツアーを1Rわずか90秒、パンチで沈めている。

RIZINデビュー戦となった20年2月の浜松大会ではグアムのPXCやPANCRASEで活躍しているカイル・アグォン相手に終始試合を優勢に進め、判定勝ちを収める。21年6月には当時RIZINフェザー王者だった斎藤裕とノンタイトルで対戦するも、試合中に反則行為を繰り返し減点を受け1-2で判定負けを喫した。その後は22年4月大会でPANCRASEバンタム級暫定王者の中島太一から一本勝ち、同年7月大会では対戦相手が白川陸斗から山本空良に変更となったが、圧倒的な差を見せつけ判定勝利し2連勝となる。10月大会にも参戦予定だったがヘルニアを発症した為に欠場。復帰戦となった23年4月の大阪大会で元UFCファイターの堀江圭功にスタンドでリアネイキッドチョークを極め、一本勝ちし3連勝を飾った。23年7月、超RIZIN.2での朝倉未来との試合が急遽タイトルマッチとなると、未来に1R リアネイキッドチョークで一本勝ちし、第4代RIZINフェザー級王者に輝いた。しかし同年11月、自国で開催されたRIZIN LANDMARK 7で鈴木千裕に初防衛戦を試みるも、1R KO負けとなり王座陥落、初防衛とはならなかった。

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT

Yogibo presents 超RIZIN.3


MOVIE

RESULT

Yogibo presents RIZIN.47


FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信

人気記事

This article is a sponsored article by
''.