昇侍
名前:昇侍
Shoji
出身地:日本 三重県
生年月日:1983年4月24日
身長:171cm
体重:61.0k
所属:KIBAマーシャルアーツクラブ
Twitter:@shou0424
Instagram:shou0424

少年の頃より野球に熱中し、高校三年生のときには甲子園に出場した経験を持つ。高校卒業後にシュートボクセ・アカデミー・ジャパンで総合格闘技をスタートさせると、シュートボクセやブラジリアン・トップチームの打撃コーチとして活躍した経歴を持つセルジオ・クーニャトレーナーにその才能を認められ、プロ格闘家となることを決意し06年にプロデビュー。パンクラスを主戦場に荒牧拓、武重賢司、伊藤崇文に勝利すると、06年10月の宮崎裕治戦では飛びヒザ蹴りをジャストミートさせ、わずか3秒という記録的な早さでKO勝利をあげている。08年1月には、当時対日本人無敗のウマハノフ・アルトゥールをハイキックでKOし、初代パンクラスライト級王者となった。08年5月にはDREAMに参戦するも、山崎剛に判定負けを喫する。以降はDEEPに活躍の場を移すと、大塚隆史、DJtaiki、長倉立尚、横田一則といった同階級のトップファイターたちと鎬を削り、DEEP軽量級の中心人物の一人として激闘を繰り広げた。19年5月にはUFC帰りの水垣偉弥と対戦。ビッグネームの水垣を相手に、一歩も引かぬ戦いを見せ、敗れるもその粘り強さを見せつけた。同年10月には釜谷真をパンチで葬ると、約10ヵ月ぶりの試合となった20年8月のCORO戦でも残り5秒というところでカウンターの左フックをヒットさせマットに沈め、そのパンチ力の強さを改めて証明している。20年9月のRIZIN.24でRIZIN初参戦、RIZINバンタム級新王者・朝倉海と対戦するも1R TKO負けを喫した。

入場パフォーマンスで観客を魅了し、決して最後まで諦めないタフネスと類稀な打撃センスで、どんな相手であろうと真っ向勝負を挑む“瞬殺侍”。

2020.09.27
Yogibo presents RIZIN.24
LOSE vs 朝倉海 1R 2分37秒 TKO(レフェリーストップ:グラウンドキック)
試合映像

2020.09.27 Yogibo presents RIZIN.24

関連記事

NEXT EVENT


MOVIE

RESULT




FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信
twitter ツイッター インスタグラム youtube ユーチューブ LINE facebook フェイスブック

人気記事

RECOMMEND

This article is a sponsored article by
''.