萩原京平
名前: 萩原京平
Kyohei Hagiwara
出身地: 日本 大阪府
生年月日: 1995年12月28日
身長: 178cm
リーチ: 180.5cm (71inc)
体重: 66.0kg
所属: SMOKER GYM
Twitter: @pax12_k
Instagram: k12_smoker
YouTube: Kyohei Hagiwara -萩原京平-

中学時代はラグビーに熱中し、17歳の頃より格闘家に憧れ、アマチュア大会に出場し腕を磨く。そのアマチュア大会では20戦して18勝と好成績を挙げた。その後プロに転向すると、地元大阪の大会を中心に出場。憧れのファイターはUFCで活躍するネイト・ディアスと言うだけあって、ハートの強さには自信を持っている。

いきなりのチャンスが巡ってきた20年8月のRIZINデビュー戦では白川陸斗相手に終始スタンドで攻め続けレフェリーストップによりTKO勝利を収めた。続く9月大会では立ってよし、寝てよしの強敵・芦田崇宏と対戦したが、自分の得意な展開をさせてもらえず、一本負けを喫した。地元・大阪大会で開催された11月大会では同じくストライカーのベテラン内村洋次郎をわずか1R 22秒でマットに沈めると、4大会連続参戦となった同年大晦日ではMMAに転向した元K-1ファイターの平本蓮にMMAの洗礼を浴びせ、TKO勝ちを収める。その試合後のマイクで朝倉未来へ対戦アピールすると、翌21年10月のRIZIN LANDMARK旗揚げ大会で対戦が実現。しかしグラウンドコントロール力で勝る朝倉未来に終始圧倒され、判定負けとなった。連戦となった11月のRIZIN TRIGGER旗揚げ大会ではベテラン昇侍に真っ向勝負に挑み、2Rにスタンドで打ち合いを魅せると右ストレートからの左フックでダウンさせ最後はサッカーボールキックによるTKO勝ちを収めた。21年大晦日にMMA2戦目の鈴木博昭と対戦するとフルマークの判定勝利を挙げる。22年3月の大阪大会では予てより対戦を希望していた弥益ドミネーター聡志とのメインイベントで試合が実現。序盤、打撃で優勢になったがグラウンドで腕十字を極められ一本負けを喫し連勝ストップとなった。連戦となった5月のRIZIN LANDMARK vol.3でクレベル・コイケと対戦するも、バックを取られ一本負け。その後はタイやブラジルに渡り、武者修行を敢行。再起をかけて9月大会で鈴木千裕と対戦したが一本負けに終わり3連敗となった。23年4月、崖っぷちで迎えた地元・大阪のRIZIN.41で難敵カイル・アグォンにテイクダウンからバックを奪われるも15分間凌ぎ切り、フルマークの判定勝利を上げ連敗から脱出。しかし23年9月のRIZIN.44で牛久絢太郎に判定負けを喫し、連勝とはならなかった。

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT

RIZIN LANDMARK 9 in KOBE
RIZIN.46

MOVIE

RESULT

RIZIN LANDMARK 8


FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信

人気記事

This article is a sponsored article by
''.