シビサイ頌真
名前: シビサイ頌真
Shoma Shibisai
出身地: 日本 千葉県
生年月日: 1991年3月11日
身長: 191cm
リーチ: 198cm (78inc)
体重: 115.0kg
所属: パラエストラ東京/巌流島
Twitter:
Instagram: shivixay_official
YouTube:


ラオスと日本のハーフで中学から柔道を始め、高校卒業後の19歳からパラエストラで柔術を学ぶ。190cm超えの恵まれた体格を武器に11年Krushでキックボクシングプロデビュー。12年からHEATに参戦し、DEEP、ZST、GRACHANと様々なリングで経験を積む。“全身凶器”として知られる伝説の武道家・倉本成春師範から武術を学び、活躍の場を巌流島へと移すと、18年1月の試合では、巌流島旗揚げトーナメント初代王者ブライアン・ドゥウェスをレフェリーストップによる1R 25秒の圧勝劇を披露するなど4連勝を飾った。

18年7月には満を持してRIZINに初参戦し、元横綱朝青龍が推薦するボルドプレフ・ウヌルジャガルと対戦する。層の薄い日本人ヘビー級ファイターとして期待が寄せられたが、完敗を喫してしまう。この敗北を受け、練習環境を変えるなど、捲土重来を期して19年10月のRIZIN.19に再び参戦。破壊力とスピードが武器のストライカー、キム・チャンヒと対戦し、アームロックで一本勝ちを収めた。その年末のBELLATOR JAPANでシベリアからの刺客シュメトフ・兄のセルゲイに1Rアキレス腱固めでタップを奪った。2試合連続で一本勝ちを収め定期参戦を目論んでいたが、練習中の怪我により長期離脱を余儀なくされた。1年半ぶりの参戦となった21年6月の東京ドーム大会では無敗のスダリオ剛と対戦。3Rにタックルに成功するとそのままバックポジションをキープし、リアネイキッドチョークでタップを奪い一本勝ちを果たし3連勝となった。大晦日大会では関根“シュレック”秀樹にTKO負けを喫し連勝ストップ。再起戦となった22年4月大会でリハーズ・ビギスにTKO勝利、同年9月にはカルリ・ギブレインからタップを奪い一本、そして23年9月にはヤノス・チューカスからもヒールホールドで一本勝ちし、再び3連勝を飾った。

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT

Yogibo presents 超RIZIN.3


MOVIE

RESULT

Yogibo presents RIZIN.47


FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信

人気記事

This article is a sponsored article by
''.