斎藤裕
名前: 斎藤裕
Yutaka Saito
出身地: 日本 秋田県
生年月日: 1987年10月8日
身長: 173cm
リーチ: 171cm (67inc)
体重: 66.0kg
所属: パラエストラ小岩
Twitter: @yutakasaito1008
Instagram: yutakasaito1008
YouTube: 斎藤裕

15歳の時にK-1を見て格闘家に憧れ、高校では伝統派空手を習い、大学進学後にパラエストラ福島で格闘技を始める。10年に行われた全日本アマチュア修斗選手権に出場し3位の成績を収めると、11年11月に修斗青森大会においてプロデビュー果たした。14年にはインフィニティリーグ2014に出場し、3勝1分の成績を収め見事優勝を勝ち取った。15年には第7代環太平洋、16年には第10代フェザー級のベルト奪取し、修斗フェザー級の代表選手となった。さらに17年には宇野薫、18年にはリオン武から判定勝利を挙げ、19年には髙谷裕之からKO勝利を挙げる。

RIZIN初参戦となった20年8月のRIZIN.23では摩嶋一整と対戦し、2Rに低空タックルを切り、サッカーボールからの膝蹴りで鮮烈なTKO勝利を挙げた。11月には RIZIN2戦目にして巡ってきたフェザー級タイトルマッチをRIZIN7連勝中の朝倉未来と戦い、フルマークでの判定勝ちで初代RIZINフェザー級王者に輝く。半年ぶりの参戦となった21年6月の東京ドーム大会で11連勝中のヴガール・ケラモフとの対戦が決定すると、フルラウンドの激闘を制して判定勝利を収めた。10月の横浜大会ではDEEP王者の牛久絢太郎相手に初防衛戦に臨んだが、2R終盤に膝が顔面にヒットし無念のドクターストップで王座防衛ならなかった。その大晦日には朝倉未来と再戦し、激闘を繰り広げたが判定負けを喫し2連敗。22年4月に再び巡ってきた牛久とのタイトルマッチではペースを握られ判定負けを喫した。1年振りの参戦となった23年4月のRIZIN LANDMARK 5では平本蓮相手に経験の差を見せつけ再起戦を勝利で飾る。その年の大晦日大会でクレベル・コイケと対戦するも、クレベルに一本負けを喫し2連勝とはならなかった。

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT

Yogibo presents RIZIN.46
Yogibo presents RIZIN.47
Yogibo presents RIZIN.46

MOVIE

RESULT

RIZIN LANDMARK 9 in KOBE


FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信

人気記事

This article is a sponsored article by
''.