斎藤裕
名前: 斎藤裕
Yutaka Saito
出身地: 日本 秋田県
生年月日: 1987年10月8日
身長: 173cm
リーチ: 171cm (67inc)
体重: 66.0kg
所属: パラエストラ小岩
Twitter: @yutakasaito1008
Instagram: yutakasaito1008
YouTube: 斎藤裕

アーネスト・ホーストvs.ボブ・サップの試合に衝撃を受け、格闘家を志すようになる。空手を学び、10年に行われた第17回全日本アマチュア修斗選手権ライト級に出場。見事第3位の成績を収めると、11年11月に修斗青森大会においてプロデビュー果たす。14年にはインフィニティリーグ2014に出場し、同年12月に行われた最終戦で勝利、リーグ戦で3勝1分の成績を収め見事優勝を勝ち取った。15年には第7代環太平洋、16年には第10代フェザー級のベルト奪取し、修斗フェザー級の代表選手となった。さらに、17年には宇野薫、18年にはリオン武から判定勝利を挙げ、19年には髙谷裕之からKO勝利と、時代を牽引したビッグネームたちを見事に葬ってきた。

20年8月のRIZIN.23でRIZINデビューを果たすと、Rebel FCフェザー級王者の摩嶋一整と対戦。摩嶋のタックルを切り顔面にサッカーボールキックを当てると、組み付く摩嶋の顔面へ更に膝蹴りを見舞い、衝撃的なTKO勝利を観客に見せつけた。この試合で解説を務めていた朝倉未来は勝利した斎藤に対し「やってやりましょうかね」と発言、これを聞いた斎藤は「タイミング合えばお願いします」と返したことでRIZIN初のフェザー級タイトルマッチが決定。20年11月のRIZIN.25で朝倉未来と初代RIZINフェザー級王座を賭け激突。激しい打撃の応酬があるも互いに一歩も引かず判定の末3-0で勝利し、斎藤の腰にベルトが巻かれた。21年6月のRIZIN.28東京ドーム大会ではノンタイトル戦でヴガール・ケラモフに判定勝利。しかし同年10月のRIZIN.31で牛久絢太郎相手に初防衛戦に挑むも、2Rに牛久の飛び膝を被弾しドクターストップによるTKO負けを喫し、王座陥落となった。その後21年大晦日のRIZIN.33で朝倉未来のリベンジマッチを受けるも判定負け、22年4月のRIZIN.35で牛久の持つベルトを取り返すべくリベンジマッチに挑むも判定負けとなり、苦しい3連敗となった。

試合映像

2021.10.24 Yogibo presents RIZIN.31

2021.06.13 Yogibo presents RIZIN.28

2020.08.10 RIZIN.23 - CALLING OVER -

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT



MOVIE

RESULT




FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信
twitter ツイッター インスタグラム youtube ユーチューブ LINE facebook フェイスブック

人気記事

This article is a sponsored article by
''.