斎藤裕
名前: 斎藤裕
Yutaka Saito
出身地: 日本 秋田県
生年月日: 1987年10月8日
身長: 173cm
体重: 66.0kg
所属: パラエストラ小岩
Twitter: @yutakasaito1008
Instagram: yutakasaito1008

アーネスト・ホーストvs.ボブ・サップの試合に衝撃を受け、格闘家を志すようになる。空手を学び、10年に行われた第17回全日本アマチュア修斗選手権ライト級に出場。見事第3位の成績を収めると、11年11月に修斗青森大会においてプロデビュー果たす。14年にはインフィニティリーグ2014に出場し、同年12月に行われた最終戦で勝利、リーグ戦で3勝1分の成績を収め見事優勝を勝ち取った。15年には第7代環太平洋、16年には第10代フェザー級のベルト奪取し、修斗フェザー級の代表選手となった。さらに、17年には宇野薫、18年にはリオン武から判定勝利を挙げ、19年には髙谷裕之からKO勝利と、時代を牽引したビッグネームたちを見事に葬ってきた。

20年8月のRIZIN.23でRIZINデビューを果たすと、Rebel FCフェザー級王者の摩嶋一整と対戦。摩嶋のタックルを切り顔面にサッカーボールキックを当てると、組み付く摩嶋の顔面へ更に膝蹴りを見舞い、衝撃的なTKO勝利を観客に見せつけた。この試合で解説を務めていた朝倉未来は勝利した斎藤に対し「やってやりましょうかね」と発言、これを聞いた斎藤は「タイミング合えばお願いします」と返したことでRIZIN初のフェザー級タイトルマッチが決定。20年11月のYogibo presents RIZIN.25で実現した朝倉とのフェザー級タイトルマッチは、激しい打撃の応酬があるも互いに一歩も引かず、判定の末3-0で斎藤が勝利。初代RIZINフェザー級王者のベルトは斎藤の腰に巻かれた。王座戴冠後、初の試合となった21年6月のRIZIN.28東京ドーム大会では、トフィック・ムサエフと同門のヴガール・ケラモフとノンタイトル戦で激突。試合はフルラウンドの末、2-1で判定勝利を収めた。

試合映像

2021.06.13 Yogibo presents RIZIN.28

2020.11.21 Yogibo presents RIZIN.25

2020.08.10 RIZIN.23 - CALLING OVER -

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT




MOVIE

RESULT




FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信
twitter ツイッター インスタグラム youtube ユーチューブ LINE facebook フェイスブック

人気記事

This article is a sponsored article by
''.