スダリオ剛
名前: スダリオ剛
Tsuyoshi Sudario
出身地: 日本 栃木県
生年月日: 1997年5月13日
身長: 190cm
リーチ: 193cm (76inc)
体重: 115.0kg
所属: HI ROLLERS ENTERTAINMENT / PUREBRED
Twitter: @TSUYOSHIKAMIYA3
Instagram: tsuyoshisudario_13
YouTube: スダリオ剛

幼少の頃はサッカー、空手、バスケットボール、ボクシングと、様々なスポーツを経験。なかでもバスケットボールは、現在NBAのウィザーズで活躍する八村塁のライバルとして鎬を削り、抜群の運動神経を見せていた。13年に貴乃花部屋に入門。同年3月場所で初土俵を踏んだ。15年3月には幕下に昇進し、18年の3月場所で新十両昇進を決めた。史上初の双子関取となったことで、将来を嘱望されていたが、問題を起こした為19年に引退。

その後は、自らを見つめ直し、改めて格闘家として生きることを決意。もともと類まれな運動神経を持っていることに加え、趣味はトレーニングと公言するほど練習が好きなこともあり、力士時代から約50kgの減量に成功。シャープな肉体に変貌を遂げる。MMAデビュー戦となった20年9月の RIZIN.24でプロレスラーのディラン・ジェイムス相手にヘビー級とは思えない積極的な動きで攻め、ドクターストップによるTKO勝利し、その大晦日のRIZIN.26では百戦錬磨の超人・ミノワマンにカーフキックを効かせ、崩れたところに鉄槌で追撃しレフェリーストップによるTKO勝ちを収めた。21年3月の名古屋大会ではプロレスラー宮本和志を1Rわずか8秒でマットに沈め3連勝を飾る。その試合後に渡米し、ヘビー級の猛者たちとの強化合宿を敢行。帰国後初の試合となった同年6月の東京ドーム大会では柔術黒帯のシビサイ頌真に3Rにリアネイキッドチョークを極められ初黒星となった。その悔しさを胸に再び渡米し、世界のトップファイターと鎬を削るとMMAファイターとしての強さを身につけて帰国。同年10月の横浜大会では米兵のSAINT相手に1Rに左ボディからの右フックで再起戦を白星で飾った。しかしその後は練習中に怪我を負い、手術とリハビリで暫く試合から遠ざかっていた。

約9ヵ月ぶりの参戦となった22年7月のRIZIN.37で4連勝中の関根“シュレック”秀樹と対戦。狙い澄ましたカウンターのフックで関根をマットに沈め、復帰戦をTKO勝利で飾った。

試合映像

2021.10.24 Yogibo presents RIZIN.31

2021.06.13 Yogibo presents RIZIN.28

2021.03.21 Yogibo presents RIZIN.27

2020.12.31 Yogibo presents RIZIN.26

2020.9.27 Yogibo presents RIZIN.24

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT



MOVIE

RESULT




FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信
twitter ツイッター インスタグラム youtube ユーチューブ LINE facebook フェイスブック

人気記事

This article is a sponsored article by
''.