中島太一
名前: 中島太一
Taichi Nakajima
出身地: 日本 東京都
生年月日: 1989年3月19日
身長: 174cm
リーチ: 174cm (69inc)
体重: 66.0kg
所属: ロータス世田谷
Twitter: @taichi31986717
Instagram: mmataichi
YouTube: 中島太一の日常

中学校までサッカーを10年続け、PRIDEの影響で高校と大学では柔道部に入部。大学卒業後は中井祐樹主宰のパラエストラ東京の門を叩く。アマチュア大会で経験を積み、12年のPANCRASEネオブラッドトーナメント・バンタム級では優勝を果たした。その後、滝田J太郎、佐藤将光を破り、13年5月のPANCRASEではUFC帰りの手塚基伸に判定で敗れはしたものの、9月からのワールドスラムトーナメント・バンタム級に大抜擢され、一回戦でサーワン・カカイを下し、14年3月の決勝ではマーシオ・セザールを後ろ回し蹴りでKOするなどし、見事優勝を果たした。その年の大晦日にさいたまスーパーアリーナで行われたDEEPとの対抗戦では、同じパラエストラの先輩である北田俊亮と対戦。しかし判定負けとなった。15年4月にはビクター・ヘンリ―と対戦し、1-2のスプリットで判定負けとなり2連敗となった。11月のダン・イゲ戦で判定勝利を収め連敗から脱出した。その後はロシアのローカルプロモーションACBに参戦し経験を積み、18年9月に再びPANCRASEに参戦すると、UFCでの経験もある田村一聖に判定勝ちを収めた。しかし19年はカイル・アグォン、ユータ&ロックに2連敗を喫してしまう。再起戦となった20年2月のボリス・フェドロフを判定で下し、20年9月にはフェザー級KOP次期挑戦者決定戦で堀江圭功と対戦し、見事勝利を収める。21年5月にはISAOの持つフェザー級のベルトに挑むも判定負けを喫し王座戴冠とはならなかったが、12月には井村塁とバンタム級暫定王者決定戦を闘い、2Rにパンチ連打によるTKO勝ちを収め、暫定王者となった。

RIZIN初参戦となった22年4月のRIZIN.35でヴガール・ケラモフと対戦するも、一本負けを喫しRIZIN初白星とはならなかった。23年4月に行われたPANCRASE 333で暫定王者の田嶋椋とのバンタム級王座統一戦ではフルマークの判定勝ちを収め、見事王座統一に成功した。RIZIN2戦目、PANCRASEバンタム級王者として参戦となった23年9月のRIZIN.44で岡田遼と対戦。フルマークの判定勝利を上げPANCRASE王者の強さを見せつけた。

関連記事

NEXT EVENT

RIZIN LANDMARK 9 in KOBE
RIZIN.46

MOVIE

RESULT

RIZIN LANDMARK 8


FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信

人気記事

This article is a sponsored article by
''.