扇久保博正
名前: 扇久保博正
Hiromasa Ougikubo
出身地: 日本 岩手県
生年月日: 1987年4月1日
身長: 162cm
リーチ: 163cm (64.2inc)
体重: 57.0kg
所属: パラエストラ松戸
Twitter: @Hiromasa0401
Instagram: hiromonster0401
YouTube: 扇久保博正 おぎちゃんねる。Ogichannel


07年にプロデビューし、修斗では数々のタイトルを獲得。13年に修斗世界フェザー級のベルトを賭けて堀口恭司と対戦すると、2Rに一本負けを喫し王座から陥落。復活を賭けて臨んだ14年のVTJフライ級トーナメントでは見事優勝を飾り、16年には修斗世界フライ級のタイトルを獲得。史上2人目の修斗世界王座の2階級制覇を達成した。16年にTUFに参加すると、決勝まで勝ち上がったが僅差の判定で敗戦しUFCへの挑戦は夢半ばで終わる。

RIZIN初参戦となった18年7月のRIZIN.11で5年越しに堀口とのリベンジマッチが実現したが、判定負けを喫した。19年7月には元谷友貴と、その大晦日には石渡伸太郎との激闘を制し、 “修斗”最強を証明すると同時に、第2代RIZINバンタム級チャンピオンであるマネル・ケイプへの挑戦権を獲得。しかし20年3月にケイプがUFCへ移籍すると共にベルトが返上された為、その空位となった王座を賭け、8月大会で朝倉海と対戦したが1R終盤にTKO負けを喫し王座戴冠ならなかった。再起戦となった11月大会で瀧澤謙太にフルマークの判定勝ちを収め、21年6月のGP1回戦で春日井“寒天”たけしと約7年ぶりに再戦。1Rに拳を骨折しながらも勝利すると、9月のGP2回戦では大塚隆史と熱戦を繰り広げ判定勝ちを収めた。大晦日に準決勝で優勝候補の呼び声が高い井上直樹相手に総合力の高さを見せつけ、決勝では朝倉海と再戦するとその根性で優勝、そしてリベンジを果たす。22年9月大会のキム・スーチョル戦ではお互いに譲らない攻防が続いたが判定で敗れる。大晦日には階級を下げてRIZIN代表として対抗戦に参戦、そして堀口と3度目の対戦をするも、惜敗を喫しリベンジならなかった。23年7月の超RIZIN.2では朝倉海の怪我による欠場に伴い、急遽アーチュレッタの相手に大抜擢された。フルラウンド闘い抜くも判定負けに終わる。23年大晦日のRIZIN.45でジョン・ドッドソンと対戦し判定3-0で勝利し、連敗脱出となった。

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT

RIZIN LANDMARK 8
RIZIN LANDMARK 9 in KOBE
RIZIN.46

MOVIE

RESULT

RIZIN.45


FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信

人気記事

This article is a sponsored article by
''.