ジョニー・ケース
名前: ジョニー・ケース
Johnny Case
出身地: アメリカ
生年月日: 1989年6月28日
身長: 177cm
リーチ: 187.5cm (74inc)
体重: 71.0kg
所属: MMA LAB
Twitter: @HollywoodCase
Instagram: hollywoodjohnnycase


4歳からレスリングを始め、07年にBrutaalでプロデビュー。デビュー戦から連敗を喫したが、3戦目からは8連勝を飾り、注目を集めるようになる。10年からMCCにも参戦するようになり、13年にはMCCライト級王者に輝く。そしてMCCでの活躍が認められ、14年には念願のUFCとの契約を勝ち取った。UFCデビュー戦は、キング・オブ・パンクラシストの実力者・徳留一樹との一戦。さいたまスーパーアリーナで行われたその試合では、2Rにギロチンチョークを極めて見せた。その後UFCで4連勝を飾り、ライト級トップ戦線の一角に食い込んだが、16年UFN、翌17年の同大会で連敗を喫してしまう。その後は18年3月にExtreme Beatdown、 7月にPFLのプレイオフに出場するなど、第一線で活躍。

RIZINデビュー戦となった18年大晦日でライト級エースの矢地祐介と対戦し、2R終盤に矢地の右目尻をカットさせ、レフェリーストップによるTKO勝利を飾る。19年7月大会では北岡悟に容赦なく肘を打ち下ろし、1R終了後に相手のコーナーストップによるTKO勝利を収め、10月のライト級GP1回戦ではサトシからパンチで勝利を飾り、大晦日の2回戦ではトフィック・ムサエフに敗れGP敗退となった。その後はPFLのライト級トーナメントに参戦する予定だったが、コロナ禍により延期となり暫く試合ができない日が続いた。21年7月にはプロボクシングデビューを果たし、KO勝利を収めている。約3年振りとなった22年4月大会ではサトシの持つベルトに挑んだが、一本負けを喫し王座獲得ならず。再起を誓い7月大会では同じくレスリングをバックボーンに持つ武田光司との一戦を迎えたが判定負けを喫しRIZIN3連敗となった。

今大会、グスタボ相手に本来の強さを発揮し、“格闘技の聖地”で勝利を掴みたい。

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT



SPECIAL RECOMMEND

MOVIE

RESULT




FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信
twitter ツイッター インスタグラム youtube ユーチューブ LINE facebook フェイスブック

人気記事

This article is a sponsored article by
''.