ジョニー・ケース
名前: ジョニー・ケース
Johnny Case
出身地: アメリカ
生年月日: 1989年6月28日
身長: 177cm
リーチ: 187.5cm (74inc)
体重: 71.0kg
所属: MMA LAB
Twitter: @HollywoodCase
Instagram: hollywoodcase


4歳からレスリングを始め、07年にBrutaalでプロデビュー。デビュー戦から連敗を喫したが、3戦目からは8連勝を飾り、注目を集めるようになる。10年からMCCにも参戦するようになり、13年にはMCCライト級王者に輝く。そしてMCCでの活躍が認められ、14年には念願のUFCとの契約を勝ち取った。 UFCデビュー戦でキング・オブ・パンクラシストの実力者・徳留一樹にギロチンチョークで一本勝ちを収めると、その後もUFCで4連勝を飾りライト級トップ戦線の一角に食い込んだ。しかし16年・17年のUFNで連敗を喫し、その後はExtreme BeatdownやPFLのプレイオフに出場するなど、第一線で活躍する。

RIZINデビューは18年大晦日のRIZIN.14。ライト級エースの矢地祐介と対戦すると、2R終盤に矢地の右目尻をカットさせレフェリーストップとなりTKO勝利を飾る。 19年7月RIZIN.17ではベテランファイター北岡悟に容赦なく肘を打ち下ろし、TKO勝利。この勝利により『RIZIN FIGHTING WORLD GP 2019 ライト級トーナメント』へ参戦。19年10月のRIZIN.19トーナメント1回戦で“柔術界の至宝”ホベルト・サトシ・ソウザをスタンドパンチで下し準決勝へ進出。しかし19年大晦日のRIZIN.20でトフィック・ムサエフの強烈な鉄槌を浴び、TKO負けを喫した。22年4月のRIZIN.35で約2年4ヶ月ぶりに来日すると、ライト級王者となったサトシとタイトルを賭け再戦。しかしサトシの三角絞めのロックで捉えられ、アームバーでタップアウトしタイトル獲得とはならなかった。

持ち前のレスリング力と一瞬で試合を終わらせる破壊力のある打撃で、観る者を魅了する“ハリウッドの伊達男”。

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT



MOVIE

RESULT




FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信
twitter ツイッター インスタグラム youtube ユーチューブ LINE facebook フェイスブック

人気記事

This article is a sponsored article by
''.