キム・スーチョル
名前: キム・スーチョル
Soo Chul Kim
出身地: 韓国
生年月日: 1991年12月10日
身長: 170cm
リーチ: 170cm (67inc)
体重: 61.0kg
所属: ROAD GYM WONJU MMA
Twitter:
Instagram: soochulkim91
YouTube: 김수철TV

高校2年の時から総合格闘技を始めると、1年足らずで日本のプロモーションRISING ONのフェザー級チャンピオンを獲得するなど活躍して来た。以後、ROAD FCが誕生してからは主戦場としながら並行して ONE FCでも経験を積む。12年6月のROAD FCでは佐藤将光と対戦し、1RにパンチによるTKO勝ちを収めると、続く8月のONE FCではケビン・ベリンゴンを判定で下す。連戦となる10月の初代バンタム級チャンピオン決定戦で絶対的に不利だと言われた相手のレアンドロ・イッサに2RにTKO勝ちを収め、王座獲得に成功した。13年8月の初防衛戦でビビアーノ・フェルナンデスとの激闘の末に判定で敗れ王座陥落となったが、14年からは手塚基伸やUFC出身の田村一聖、中原太陽ら強豪から打撃、寝技で勝利を収め4連勝を挙げる。

15年の年末のRIZIN旗揚げ大会でにマイケ・リニャーレス相手に判定勝ちを収めると、その後も連勝を重ね1つのドローを挟み9連勝を挙げる。しかし、17年12月に突如引退を表明したが、19年にROAD FCで中山巧、清水俊一とのグラップリングマッチ試合を経て、20年にMMA復帰を宣言するもコロナによるパンデミックで復帰戦が遠のいていた。21年9月のROAD FCのフェザー級王座決定戦で復帰を果たすもパク・ヘジン相手に1Rにギロチンによる一本負けを喫する。再起戦となった22年5月のパク・ヘジン相手との再戦では2Rにダウンを奪うとそのままパウンド連打でKO勝利を挙げ、リベンジを果たすとともにベルト獲得に成功。22年9月のRIZIN.38で約6年9ヵ月振りにRIZINへ参戦を果たすとバンタム級GP覇者の扇久保博正に総合力の高さをみせつけ勝利を飾る。

22年12月のRIZIN.40で行われたRIZIN vs. Bellator全面対抗戦の次鋒としてフアン・アーチュレッタと対戦。フルラウンド戦い抜いたが判定1-2で敗戦し、全面対抗戦はBellatorに軍配が上がった。

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT





MOVIE

RESULT




FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信
twitter ツイッター インスタグラム youtube ユーチューブ tiktok LINE facebook フェイスブック

人気記事

This article is a sponsored article by
''.