武田光司
名前: 武田光司
Koji Takeda
出身地: 日本 埼玉県
生年月日: 1995年8月13日
身長: 170cm
リーチ: 173cm (68inc)
体重: 71.0kg
所属: BRAVE
Twitter: @koujitakeda0813
Instagram: koji.takeda_official
YouTube: 武田光司チャンネル


第9代DEEPライト級王者。6歳でレスリングを始めると小学・中学と全国優勝を果たす。埼玉栄高校に進学するとフリースタイル84kg級で三冠、グレコローマンスタイル84kg級二冠の五冠を成し遂げる。オリンピック出場を目指して大学へ進学し活躍したが、中退して同じレスリングでオリンピックに出場した経験を持つ宮田和幸のBRAVEに入門し、総合格闘技に転向する。17年にプロデビューすると豪快なスープレックスから相手を投げて倒す派手な試合で勝ち星を重ねた。18年6月に宮崎直人から判定勝利を挙げ、DEEPライト級チャンピオン北岡悟への挑戦権を得る。同年10月のDEEPでチャンピオンの北岡とのタイトルマッチでは、両選手が血まみれになる壮絶な打合いが繰り広げられ、フルマークの判定で第9代DEEPライト級王座を奪取した。

その試合後にRIZIN参戦をアピールし、翌19年4月のRIZIN.15のダミアン・ブラウン戦でRIZINデビューを果たす。怪我を抱えながら得意のレスリングで挑むも、終始ダミアンにペースを握られキャリア初黒星を喫した。その後は試合前から患っていたヘルニアの手術をし休養。19年10月のDEEPの大原樹里戦で復帰を果たすが、武田の偶発的なローブローによりテクニカル判定で勝利するも両者納得が行かず、2か月後のダイレクトリマッチで武田がキムラロックによる一本勝ちを収め王座防衛を果たした。その後は修斗世界ライト級王者(当時)川名TENCHO雄生、パンクラス王者・久米鷹介との激闘を制し連勝を挙げるも、21年9月大会では矢地祐介にペースを握られ判定負けを喫し連勝ストップとなった。同年大晦日に“ブラックパンサー ”ベイノアに一本勝ちすると、年明け早々にDEEPのベルトを返上。気持ち新たに臨んだ22年からはスパイク・カーライルを皮切りにジョニー・ケース、ザック・ゼイン、ガジ・ラバダノフ、ルイス・グスタボなど強豪外国人ファイターと試合を重ねる。しかしアゼルバイジャンで開催された23年11月のRIZIN LANDMARK 7でトフィック・ムサエフにTKO負けすると、試合後のインタビューでフェザー級へ階級を変更することを宣言した。

得意のジャーマンと泥臭くも情熱的なファイトで観客を魅了する、BRAVEジムの“漆黒のヘラクレス”。

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT

RIZIN LANDMARK 9 in KOBE
RIZIN.46

MOVIE

RESULT

RIZIN LANDMARK 8


FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信

人気記事

This article is a sponsored article by
''.