武田光司
名前:武田光司
Koji Takeda
出身地:日本 埼玉県
生年月日:1995年8月13日
身長:170cm
体重:70.0kg
所属:BRAVE
Twitter:@koujitakeda0813
Instagram:kouchan.0813_official


現・DEEPライト級チャンピオン。6歳でレスリングを始めると小学・中学と全国優勝を果たす。11歳の時には日本テレビの人気番組『世界の果てまでイッテQ』で日本一のレスリング最強小学生として出演し、日露小学生レスリング対決を制して話題を呼んだ。埼玉栄高校に進学するとフリースタイル84kg級で三冠、グレコローマンスタイル84kg級二冠の五冠を成し遂げる。オリンピック出場を目指して大学へ進学し活躍したが、中退して同じレスリングでオリンピックに出場した経験を持つ宮田和幸のBRAVEに入門し、総合格闘技に転向する。17年にプロデビューをすると豪快なスープレックスから相手を投げて倒す派手な試合で勝ち星を重ね、DEEPライト級チャンピオン北岡悟への挑戦権を得た。18年10月のDEEP 86 IMPACTでチャンピオンの北岡とタイトルマッチを行いフルマーク判定勝利を収め、第9代DEEPライト級王座を奪取した。試合後には師匠の宮田和幸が引退試合を行うRIZINのリングに自分も上がりたいとRIZIN参戦をアピール。

念願叶って19年4月のRIZIN.15出場が決定。“豪州の人間ダイナモ”ダミアン・ブラウンと対戦するも、3-0の判定負けを喫しプロ初黒星となった。その後、怪我のため約半年間休養し、復帰戦となった19年10月のDEEP 92 IMPACTで大原樹里とライト級タイトルマッチで対戦。武田の放った膝蹴りがローブローとなり、大原が回復せず試合続行不可能のため2R時点のテクニカル判定で武田が勝利しライト級王座初防衛となった。同年12月に再びDEEPで大原とタイトルマッチを行うと、アームロックで一本勝ちし2度目の王座防衛に成功した。そして試合後のマイクで再びRIZIN参戦をアピールした。

プロデビューから約1年半でタイトルを制し、現在もタイトルを防衛し続けるライト級期待の新星だ。

2019.4.21
RIZIN.15
LOSE vs ダミアン・ブラウン 3R 判定 3-0
2020.09.27
Yogibo presents RIZIN.24
WIN vs 川名雄生 3R 判定 (2-1)
関連記事

NEXT EVENT


MOVIE

RESULT




FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信
twitter ツイッター インスタグラム youtube ユーチューブ LINE facebook フェイスブック

人気記事

RECOMMEND

This article is a sponsored article by
''.