太田忍
名前: 太田忍
Shinobu Ota
出身地: 日本 青森県
生年月日: 1993年12月28日
身長: 165cm
リーチ: 168.5cm (66inc)
体重: 66.0kg
所属: パラエストラ柏
Twitter: @shinobu_ota_mma
Instagram: shinobu_ota_mma
YouTube: 太田忍Ota Shinobu

小学校1年からレスリングを始め、高校生の時に山口国体少年男子グレコローマン55㎏級で優勝を飾る。高校卒業後は日体大に進学すると、3年時にハンガリー・グランプリで国際大会初優勝、4年時には天皇杯で初優勝を果たす。16年リオデジャネイロ・オリンピックアジア予選に出場すると順調に勝ち上がり、決勝で中国のワン・ルミンに敗れるも本大会出場権を獲得。16年8月のオリンピックでは59kg級に出場し、決勝で敗れたがグレコローマンスタイルでは00年シドニーオリンピックの永田克彦以来の銀メダル獲得という快挙を成し遂げた。その後も18年アジア大会では60㎏級で優勝し、日本勢唯一の金メダルを獲得。しかし19年の全日本選抜選手権60kg級では決勝で大学の後輩であり良きライバルの文田健一郎に1-4で敗れた。同年の非オリンピック階級世界選手権代表選考プレーオフで勝利し、世界選手権本戦では優勝を果たした。東京オリンピックは階級を上げ67kg級で代表を狙うも、全日本選手権で人生で初の初戦負けを喫し、東京五輪への道は閉ざされた。

その後は予てより興味があったMMAにチャレンジすることを決意。20年大晦日にベテラン・所英男相手にMMAデビューするとアームバーによる一本負けを喫し初戦からプロの洗礼を浴びる。その後は練習環境を変え、パラエストラ柏の鶴屋浩の下で一からMMAに取り組む。 21年9月にMMAデビュー戦の元K-1王者の久保優太と階級を上げて対戦すると、その成長ぶりを見せて再起戦を勝利で飾った。その大晦日にはMMA3戦目でキャリアのある祖根寿麻に何もさせず、TKO勝利をあげる。22年5月のRIZIN LANDMARK vol.3ではグラップリングルールで急遽参戦し、その身体能力の高さを見せつけた。22年7月のRIZIN.37でベテラン・元谷友貴と対戦するも0-3で判定負け、MMA3連勝とはならなかった。

試合映像

2021.12.31 Yogibo presents RIZIN.33

2021.09.19 Yogibo presents RIZIN.30

2020.12.31 Yogibo presents RIZIN.26

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT



MOVIE

RESULT




FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信
twitter ツイッター インスタグラム youtube ユーチューブ LINE facebook フェイスブック

人気記事

This article is a sponsored article by
''.