太田忍
名前: 太田忍
Shinobu Ota
出身地: 日本 青森県
生年月日: 1993年12月28日
身長: 165cm
リーチ: 168.5cm (66inc)
体重: 66.0kg
所属: パラエストラ柏
Twitter: @shinobu_ota_mma
Instagram: shinobu_ota_mma
YouTube: 太田忍Ota Shinobu

小学校1年からレスリングを始め、高校生の時に山口国体少年男子グレコローマン55㎏級で優勝を飾る。高校卒業後は日体大に進学すると、数々の大会で入賞を果たす。16年にリオデジャネイロ・オリンピックアジア予選に出場すると順調に勝ち上がり、決勝で中国のワン・ルミンに敗れるも本大会出場権を獲得。16年8月のオリンピックでは59kg級に出場し、決勝で敗れたがグレコローマンスタイルでは00年シドニーオリンピックの永田克彦以来の銀メダル獲得という快挙を成し遂げた。その後も18年アジア大会では60㎏級で優勝し、日本勢唯一の金メダルを獲得。非オリンピック階級世界選手権代表選考プレーオフで勝利し、世界選手権本戦では優勝を果たした。東京オリンピックは階級を上げ67kg級で代表を狙うも、全日本選手権で人生で初の初戦負けを喫し、東京五輪への道が閉ざされる。その後は予てより興味があったMMAにチャレンジすることを決意。

20年大晦日にベテラン・所英男相手にMMAデビューするとアームバーによる一本負けを喫し初戦からプロの洗礼を浴びた。その後は練習環境を変え、パラエストラ柏の鶴屋浩の下で一からMMAに取り組み、21年9月にMMAデビュー戦の元K-1王者の久保優太と階級を上げて対戦すると、その成長ぶりを見せて再起戦を勝利で飾った。その大晦日にはMMA3戦目でキャリアのある祖根寿麻に何もさせず、TKO勝利を挙げる。22年5月のRIZIN LANDMARKではグラップリングルールで急遽参戦し、その身体能力の高さを見せつけたが、7月大会ではベテラン元谷友貴の前に屈した。23年4月のRIZIN LANDMARK 5では倉本一真と約8年半振りの再戦が決まると1R早々にパンチをヒットさせKO勝利を飾りリベンジを果たす。23年7月の超RIZIN.2では瀧澤謙太をTKOで下し、2連勝をあげた。同年10月のRIZIN LANDMARK 6で井上直樹と対戦予定だったが井上の怪我により対戦相手が急遽、佐藤将光へ変更となり、フルラウンド戦い抜くも判定1-2で敗れ、連勝ストップとなった。連続参戦となった23年大晦日のRIZIN.45で、MMAデビュー戦となる芦澤竜誠と対戦。1Rで芦澤をマットに沈め、復帰戦を勝利で飾った。

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT

RIZIN LANDMARK 9 in KOBE
RIZIN.46

MOVIE

RESULT

RIZIN LANDMARK 8


FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信

人気記事

This article is a sponsored article by
''.