クレベル・コイケ
名前: クレベル・コイケ
Kleber Koike
出身地: ブラジル
生年月日: 1989年10月16日
身長: 178cm
リーチ: 183cm (72inc)
体重: 66.0kg
所属: ボンサイ柔術
Twitter: @KoikeKleber
Instagram: kleber_koike
YouTube: Kleber Koikeクレベル コイケ

元KSWフェザ―級王者、元REBEL FCフェザー級王者。14歳で来日し柔術を始めるとソウザ兄弟と共にボンサイ柔術で技を磨き上げ、08年9月Club DEEP浜松でMMAデビュー。10年11月からDEEP、HEAT、 REAL等の舞台で11連勝を挙げる。その勢いのまま15年2月にはポーランドの団体KSWに参戦をすると、アンゾル・アジエフから三角絞めによる一本勝ちを収めた。15年6月にはREBEL FCのフェザー級GPに参戦し、芦田崇宏、ミゲール・トーレスを一本で下し王者に輝く。17年5月のKSWのフェザー級タイトルマッチでマルチン・ロゼクに判定勝利し王者となると、12月の大会のアルトゥル・ソウィスキ戦ではリアネイキッドチョークで一本勝ちを収め、18年6月のKSW 44でマリアン・ジュコフスキに腕十字を極めた。久々の日本での試合となった19年9月のRoad to ONEでは1Rに西浦“ウィッキー”聡生からダースチョークによる一本勝ちを収め、その強さを改めて証明した。

RIZIN初参戦となった20年の大晦日にはカイル・アグォンと対戦し、 1Rにフロントチョークを極めると、2戦目となった21年3月大会で摩嶋一整相手に三角絞めを極めてタップを奪った。21年6月の東京ドーム大会で朝倉未来と対戦し、2Rに引き込み三角絞めを極め未来を失神させた。22年2月のRIZIN TRIGGER 2ndでは元UFCファイターの佐々木憂流迦との接戦を一本勝ちで制し、続く5月の RIZIN LANDMARK 3では萩原京平にチョークを極めてタップを奪った。9月に行われた念願のタイトルマッチで王者・牛久絢太郎に挑むと、2Rに得意の三角絞めで王者・牛久絢太郎に勝利し、第3代RIZINフェザー級王者に輝く。大晦日にはBellatorとの対抗戦でパトリシオ・ピットブルと対戦するも、惜敗を喫した。再起戦そして初防衛戦となった23年6月大会では自身の体重超過により、王座剥奪されるも試合は1Rに鈴木千裕にアームバーを極めた(結果はノーコンテスト)。再起戦となった9月大会で裏番長・金原正徳と対戦するも、判定負けを喫し2連敗。その年の大晦日には斎藤裕に一本勝ちし、RIZINフェザー級元王者対決を制して連敗脱出となった。

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT

RIZIN LANDMARK 9 in KOBE
RIZIN.46

MOVIE

RESULT

RIZIN LANDMARK 8


FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信

人気記事

This article is a sponsored article by
''.