平本蓮
名前: 平本蓮
Ren Hiramoto
出身地: 日本 東京都
生年月日: 1998年6月27日
身長: 174cm
リーチ: 179cm (70inc)
体重: 66.0kg
所属: 剛毅會
Twitter: @renhiramotoXX
Instagram: ren___k1
YouTube: 平本蓮 & 平本丈 公式

ボクシング経験のある父の勧めで、キックボクシングを始める。那須川天心とは幼なじみで、小学生の頃からスパーリングを繰り返し、技術を磨く。アマチュア時代は100戦し95勝という恐るべき戦績を残し、14年 11月にはK-1甲子園2014に出場すると高校1年生で優勝を果たした。15年にプロデビューすると、K-1、 Krushのリングで活躍し、17年にはK-1ライト級世界トーナメントに出場。準決勝でゴンナパー・ウィラサクレックを破る大金星を挙げ、準優勝に輝いた。そして18年には、これまで日本人相手に無類の強さを誇っていたゲーオ・ウィラサクレックと対戦。二度のダウンを奪い、日本人初となるゲーオからKO勝利となった。

以降はK-1のリングから離れ、19年年末のBELLATOR JAPANへの電撃参戦が決定。キックボクシングルールで芦田崇宏と対戦し、1Rに3ノックダウンを奪い勝利を飾った。その後、MMAへの転向を表明し、 20年大晦日で萩原京平相手にMMAデビュー戦を果たすもMMAの洗礼を受けデビュー戦を白星で飾ることができなかった。その後は渡米し名門ルーファスポーツで強豪たちと鎬を削り、同門の元Bellatorバンタム級王者のセルジオ・ペティスとは堀口恭司とのタイトルマッチでセコンドに指名されるほどの信頼関係を築く。帰国後は国内でMMAを学び、22年3月のRIZIN LANDMARK vol.2で約1年3ヶ月ぶりに復帰し鈴木千裕相手に戦うも判定負けを喫する。22年7月の沖縄大会では鈴木博昭相手に得意の打撃で攻め、MMA初勝利を掴んだ。22年11月のRIZIN LANDMARK 4ではベテラン弥益ドミネーター聡志と対戦すると、新たに取り入れ空手を活かし、フルマークの判定勝利を収めた。その大晦日に連続参戦すると、スタンディングバウト特別ルールで梅野源治と対戦。試合終了とほぼ同タイミングで左フックをヒットさせ梅野をノックダウンするも、エキシビションにつき勝敗なしとなった。試合後のリング上で次戦の相手が斎藤裕であることが発表され、23年4月のRIZIN LANDMARK 5で斎藤と対戦。試合はフルラウンドまでもつれ込んだがスプリットにより惜敗を喫した。その後も剛毅會で鍛錬を積み、約8ヵ月ぶりの再起戦となった23年大晦日のRIZIN.45でYA-MANと対戦し、フルラウンドの末3-0で勝利し、再起戦を勝利で飾った。

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT

RIZIN LANDMARK 9 in KOBE
RIZIN.46

MOVIE

RESULT

RIZIN LANDMARK 8


FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信

人気記事

This article is a sponsored article by
''.