フアン・アーチュレッタ
名前: フアン・アーチュレッタ
Juan Archuleta
出身地: アメリカ
生年月日: 1987年9月13日
身長: 173cm
リーチ: 175cm(69inc)
体重: 61.0kg
所属: THE TREIGNING LAB, HB ULTIMATE & GRACIE BARRA
Twitter: @jarchmma
Instagram: jarchmma
YouTube: Juan Archuleta

幼い頃からレスリングを始め、大学時代はNJCAAオールアメリカンに輝き、編入した大学でもNCAAディビジョン1で活躍する。MMAプロデビュー戦となった13年8月のBAD BEAT 10で判定勝利を収める。その後も4連勝を挙げ、その勢いで15年3月のWSOFでアンドレス・ポンス挑むも一本負けに終わった。しかしその後も連勝を飾ると16年6月より主戦場をKOTCに移し、フライ級王座を獲得。17年にはライト級、バンタム級、ジュニアウェルター級のタイトルを次々と獲得し、KOTCの四階級制覇という快挙を成し遂げた。17年12月にマーク・ディックマン相手にバンタム級の防衛戦に勝利し、18年3月に初参戦となったBellatorでウィリアム・ジョプリンに判定勝ちを収める。その後もロビー・ペラルタ、ジェレミー・スプーン、リッキー・バンデハス、エドゥアルド・ダンタスに快勝するとBellator5連勝を飾る。しかし19年9月のBellatorフェザー級ワールドGP1回戦として行われたBellator世界フェザー級タイトルマッチで王者パトリシオ・ピットブルに挑むも、判定負けを喫した。20年9月にパトリック・ミックスとのバンタム級王座決定戦では逆転勝利を収め、王座戴冠を果たす。21年5月にセルジオ・ペティスとの防衛戦に臨むも、判定負けを喫し王座から陥落。22年4月に行われたバンタム級ワールドGP一回戦として行われたBellator世界バンタム級暫定王座決定戦でラウフェオン・ストッツと対戦するもGP一回戦敗退となった。10月に元UFCファイターのエンリケ・バルソラに判定勝ちを収め、再起戦を勝利で飾る。

RIZIN初参戦となった22年大晦日の対抗戦ではキム・スーチョルを破り完全復活の狼煙をあげた。RIZIN2戦目となった23年5月の井上直樹戦ではその強さを見せつけ判定勝利を挙げ、7月の超RIZIN.2では王座決定戦で予てより名前を挙げていた朝倉海との対戦が決定していたが、海の怪我による欠場でGP覇者の扇久保博正と対戦。フルマークの判定勝利を収めると見事王者に輝いた。その年の大晦日、朝倉海とバンタム級王座を賭け対戦するも、前日の計量でアーチュレッタが契約体重を2.80kg超過したためベルトは剥奪、試合は2Rに海のパンチを被弾しTKO負けとなった。

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT

RIZIN LANDMARK 9 in KOBE
RIZIN.46

MOVIE

RESULT

RIZIN LANDMARK 8


FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信

人気記事

This article is a sponsored article by
''.