弥益ドミネーター聡志
名前: 弥益ドミネーター聡志
Satoshi“Dominator”Yamasu
出身地: 日本 茨城県
生年月日: 1990年1月23日
身長: 176cm
リーチ: 180cm (71inc)
体重: 68.0kg
所属: team SOS
Twitter: @MMA_pierrot
Instagram: mma_pierrot
YouTube: 弥益 ドミネーター 聡志

第9代 DEEPフェザー級王者。高校時代に見たPRIDE、DREAMに影響を受け、大学進学を機に地元の総合格闘技ジムに入会する。JML、パンクラスゲートで3試合連続の一本勝ちを収めると、14年12月のDEEPでは安部路人を必殺の洗濯ばさみで絞め落とすなど極めの強さでインパクトを残す。その後、柴ニャン、高塩竜司、上山雄大を破り、17年12月に大阪で行われたDEEP対パンクラスの対抗戦では中村晃司に競り勝ち5連勝を飾る。18年6月のDEEPではノンタイトル戦ではあるが王者の芦田崇宏相手に右フックで崩れたところにサッカーボールキックを浴びせ、最後はアームロックで一本勝ちを収める大番狂わせを演じた。10月にはベルトを賭け芦田と再戦するとフルマークでの判定勝ちを収め、第9代フェザー級チャンピオンに輝く。初防衛戦となった19年5月には憧れのDJ.taikiと対戦すると、2R序盤にお互いに足を止めて打ち合い、ダウンを奪う逆転KO勝ちで初防衛に成功し、7連勝を飾る。20年9月の牛久絢太郎との防衛戦では、お互いに攻めるも最後まで諦めなかった牛久に軍配が上がり王座防衛とはならなかった。

20年大晦日、初参戦となるRIZINの舞台で朝倉未来と対戦。得意のステップを活かしながら、カウンターからの右ひざをヒットさせるも未来の猛攻を受けRIZIN初戦を勝利で飾ることはできなかったが、その試合後のインタビューでの格闘技に対する純粋な想いに多くのファンが心打たれた。21年6月の東京ドーム大会で階級を上げてベイノアと対戦し、相手の身体能力の高さに苦しむもベテランの意地をみせ判定勝ちを収めた。22年3月の大阪大会では萩原京平を三角絞めの体勢から腕十字を極めてタップを奪ってみせた。

今大会で平本蓮に経験の差を見せつけベルト戦線へ割って入りたい。

試合映像

2022.03.20 湘南美容クリニック presents RIZIN.34

2021.06.13 Yogibo presents RIZIN.28

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT



MOVIE

RESULT




FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信
twitter ツイッター インスタグラム youtube ユーチューブ LINE facebook フェイスブック

人気記事

This article is a sponsored article by
''.