倉本一真
名前: 倉本一真
Kazuma Kuramoto
出身地: 日本 滋賀県
生年月日: 1986年10月29日
身長: 163cm
リーチ: 163.5cm (64inc)
体重: 61.0kg
所属: リバーサルジム新宿MeWe
Twitter: @kazuma_kuramoto
Instagram: kazumakuramoto
YouTube:

高校3年時には全国高校生グレコローマン選手権や国民体育大会少年の部などのタイトルを総なめにした実績を誇る。大学時代には07年全日本大学グレコローマン選手権60kg優勝を果たす。大学卒業後は自衛隊に入隊し、全日本レスリング選手権大会男子グレコローマン59kg級・60kg級で12年から3連覇を達成。16年のリオオリンピックは前年の全日本レスリング選手権大会で敗北したために夢を叶えることができなかった。その後は、東京オリンピックを目指すことなく自衛隊を退官し、総合格闘家に転向すると17年の修斗トライアウトに合格。18年2月の修斗でガッツ天斗相手にデビューし、判定勝ちを収めた。その後、榎本明、平川智也、根津優太などと対戦すると、“投神”の異名の通りジャーマンスープレックスを武器にプロデビューから6連勝を飾る。

20年5月の修斗世界バンタム級暫定王者決定戦では岡田遼に2RKO負けで王座戴冠を逃したが、20年大晦日のRIZINデビュー戦では中原太陽を1Rマットに葬り、デビュー戦を勝利で飾る。21年6月のバンタム級ジャパンGPに参戦すると、一回戦をアラン“ヒロ”ヤマニハと対戦。しかし、ボンサイ柔術仕込みの強さに判定負けを喫し敗退となった。22年2月のRIZIN TRIGGERではガブりからの強烈な膝を連打して加藤ケンジを粉砕し、1RレフェリーストップによるTKO勝利を収めた。同年4月のRIZIN TRIGGERで金太郎との対戦が決定していたが、直前に金太郎の欠場により試合中止、翌5月のRIZIN LANDMARK vol.3に急遽参戦が決まり、魚井フルスイング相手に直前で怪我をしながらも判定勝利を収めた。しかし22年11月のRIZIN LANDMARK 4で元谷友貴に判定負け、23年4月のRIZIN LANDMARK 5ではレスリング時代からのライバル・太田忍にKO負けを喫し2連敗となった。

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT

RIZIN LANDMARK 8
RIZIN LANDMARK 9 in KOBE
RIZIN.46

MOVIE

RESULT

RIZIN.45


FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信

人気記事

This article is a sponsored article by
''.