中村優作
名前: 中村優作
Yusaku Nakamura
出身地: 日本 大阪府
生年月日: 1986年6月21日
身長: 165cm
体重: 57.0kg
所属: フリー
Twitter: @621Yuchaku
Instagram: yuchaku621
YouTube: 中村優作ちゃんねる


3歳から日本拳法を始め、中学の時に全国優勝を果たす。08年から総合格闘技を始め、09年に地元関西のアマチュア修斗大会に出場すると好成績を残した。プロデビュー戦となった10年1月のDEEP 45で広斗をTKOで下し、立て続けに裕希斗、寺田功をパンチで葬りデビュー3連勝を果たす。その後はDREAM、DEEP、VTJで活躍し、13年8月から9連勝を飾る。16年にはローレンス・ディグリを破り、WSOF GC初代フライ級王者となった。

RIZINデビュー戦となった18年5月のRIZIN.10では神童・那須川天心を相手に史上最大のアップセットを狙うも2Rに強烈な左ストレートをもらいTKO負けを喫する。同年9月のRIZIN.13ではマネル・ケイプと対戦し、3R終盤にリアネイキッドチョークで敗れたが、接戦を繰り広げ第1試合から会場を盛り上げた。19年3月には修斗の30周年記念大会でX-1世界バンタム級王者のロドニー・モンダラから1R早々に左フックでダウンを奪い、パンチラッシュでTKO勝利を飾る。同年6月の地元関西で開催されたRIZIN.16ではトップノイ・タイガームエタイと対戦し、判定3-0でRIZIN初勝利を挙げる。その年末のBELLATOR JAPANではDEEPの若き王者・神龍誠と対戦。相手にペース握られ判定負けを喫し連勝はならなかった。20年8月のRIZIN.23ではZST王者・竿本樹生と対戦すると1R終盤にタックルのフェイントから左フックを被弾しTKO負けを喫した。腰の不調で一時は引退を考えたが、休養と治療により状態が良くなったため復帰を決意。21年6月のRIZIN.29大阪大会で北方大地とのワンマッチが決定していたが、北方の体調不良によるドクターストップの為、試合中止となった。

試合映像

2020.08.10 RIZIN.23 - CALLING OVER -

2018.05.06 RIZIN.10

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT


MOVIE

RESULT




FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信
twitter ツイッター インスタグラム youtube ユーチューブ LINE facebook フェイスブック

人気記事

This article is a sponsored article by
''.