中村優作
名前:中村優作
Yusaku Nakamura
出身地:日本 大阪府
生年月日:1986年6月21日
身長:165cm
体重:59.0kg
所属:チーム・アルファメール・ジャパン
Twitter:@621Yuchaku
Instagram:yuchaku621


バックボーンは3歳から始めた日本拳法。中学の時に全国優勝するなど数々のタイトルを獲得し、08年から総合格闘技のキャリアをスタートさせる。翌09年からは地元関西のアマチュア修斗大会に出場するなど、9戦8勝の好成績を残した。10年1月のDEEP45でプロデビューし、広斗をTKOで下すと、続くDEEP CAGE IMPACT2010 in OSAKA、DEEP50でそれぞれ裕希斗、寺田功をパンチで葬りデビュー3連勝を果たした。その後はDREAM、DEEP、VTJで活躍。13年8月から9連勝を飾り、16年にはローレンス・ディグリを破り、WSOF GC初代フライ級王者となった。

RIZIN初出場となった18年5月のRIZIN.10では、神童・那須川天心とキックボクシングルールで対戦。史上最大のアップセットを狙い、積極的に仕掛けていくもTKO負けを喫する。続く9月のRIZIN.13では、“アンゴラ番長”マネル・ケイプと対戦するもリアネイキッドチョークで敗れ、苦しいRIZIN2連敗となった。

19年3月には修斗30周年記念大会に参戦、X-1世界バンタム級王者のロドニー・モンダラからパンチラッシュでTKO勝利を飾った。そして19年6月のRIZIN.16で再びRIZINのリングに立ち、トップノイ・タイガームエタイを相手に3-0で判定勝利を収めた。完全燃焼とはならなかったものの、前歯を折られるというスベり知らずな結末で地元関西の観客を沸かせた。19年12月のBELLATOR JAPANでは19歳のDEEP王者・神龍誠と対戦、判定の末3-0で敗北を喫した。試合前には「必殺技・通天閣アッパーで仕留める」と宣言していたが、試合後のインタビューで「間違って『性転換パンチ』を決めてしまった」と猛省した。

日本拳法仕込みの圧倒的な打撃スキル、とりわけ一撃必殺のカウンターには絶対の自信を持つ“絶対に滑らない浪速の拳法使い”。

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT


MOVIE

RESULT






FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信
twitter ツイッター インスタグラム youtube ユーチューブ LINE facebook フェイスブック

人気記事

RECOMMEND

This article is a sponsored article by
''.