木村“フィリップ”ミノル
名前: 木村“フィリップ”ミノル
Minoru“Philip”Kimura
出身地: ブラジル
生年月日: 1993年9月9日
身長: 172cm
リーチ: 180cm(71inc)
体重: 73.0kg
所属: Battle-Box
Twitter:
Instagram: philip_kimura
YouTube: 木村フィリップミノル channel

第6代KRUSHウェルター級王者、第3代K-1 WORLD GPスーパーウェルター級王座。10年にプロデビューすると豪快なファイトスタイルでKOの山を築き、13年からはKrushに本格参戦を果たす。梶原龍児や山崎秀晃といった実力者と鎬を削り、14年にK-1 WORLD GP参戦。初戦となった-65kg初代王座決定トーナメントでは1回戦でKO負けを喫するも、そのトーナメントを制したゲーオ・フェアテックスと翌15年に激突し、ダウンを奪って判定勝利を挙げる大番狂わせを演じた。16年9月にMMAルールでRIZINに参戦を果たすも、クレイジー・ホースに屈辱のTKO負けを喫した。その年末にホースと再戦予定だったがホースが来日できず中止に。18年8月のKrushでウェルター級王者の塚越仁志に挑み、フックの連打で3度のダウンを奪い1RにKO勝ちを収めて王座戴冠を果たす。19年5月の防衛戦で近藤魁成と対戦し、1Rにダウンを奪われるも、ダウンを奪い返し2RにKO勝ちを収め初防衛に成功。20年3月のK-1 WORLD GPでスーパー・ウェルター級王座決定トーナメントに出場。1回戦で海斗、準決勝でエダー・ロープス、決勝戦で和島大海を全てKOで倒し、トーナメント優勝を果たすと共に、K-1 WORLD GPスーパーウェルター級王座獲得。しかし、21年12月にK-1最後の試合となったスーパーウェルター級タイトルマッチで挑戦者の和島大海にKO負けを喫し、王座から陥落した。22年3月にボクシング転向を表明したが、ボクシングの試合はせず22年12月のINOKI BOM-BA-YE×巌流島で矢地祐介とミックスルールで対戦し、1Rに左フックによるKO勝ちを収めた。23年3月のKNOCK OUTで王者クンタップ・チャロンチャイと対戦。前日計量でオーバーとなったが、試合開始早々に左フックでダウンを奪い、1R 32秒KO勝ちを収めた。

約7年振りのRIZIN参戦となった6月のRIZIN.43でロクク・ダリと対戦しKO勝利をあげるも、その後のドーピング検査で陽性となり、ノーコンテストに。

今大会は条件付きでの試合が決定となったが、リングで本来の強さを証明したい。

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT

RIZIN LANDMARK 9 in KOBE
RIZIN.46

MOVIE

RESULT

RIZIN LANDMARK 8


FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信

人気記事

This article is a sponsored article by
''.