ストラッサー起一
名前: ストラッサー起一
Strasser Kiichi
出身地: 日本 大阪府
生年月日: 1981年5月1日
身長: 178cm
リーチ: 184.5cm (72inc)
体重: 77.0kg
所属: 総合格闘技道場コブラ会
Twitter: @StrasserKiichi
Instagram: kiichi_kunimoto
YouTube: ストラッサー起一 [すとちゃんねる]


総合格闘家となる前はプロスケーターだった時期もあるなど、幼少の頃より様々なスポーツにチャンレンジしてきた経歴を持つ。06年にパンクラスのリングでプロデビュー戦に臨むも、その初戦は敗北を喫す。07年にさらなる技術習得を目指し渡米。フリースタイルアカデミーでトレーニングを行う。リングネームのストラッサー起一は、同アカデミーの代表である、デイブ・ストラッサーから取られている。その後はパンクラスを中心に活躍し、途中二つの引き分けを挟み5連勝を飾るなど、着実に実績を残す。そして12年にHEATに参戦すると、ウェルター級王座決定戦でイ・ギュミョンを肩固めで破り、見事王座に戴冠。その実績が認められ14年に念願のUFCデビューを果たした。UFC174ではダニエル・サラフィンをチョークで破り、パフォーマス・オブ・ザ・ナイトを獲得するなど、群雄割拠するウェルター級戦線で体を張ってきた。そのUFCから離脱し、17年年末の大晦日で日本きっての寝技師・北岡悟と対戦。パワーの差を見せつけ判定勝利を収めた。RIZIN2戦目となった18年8月の名古屋大会では自身の階級であるウェルター級での参戦が決定し、UFCで培われた技術と経験を武器に、DEEP王者の住村竜市朗から1R残りわずか1秒のところで肩固めを極め勝利を挙げた。その後はBellatorに戦いの場を移し、19年7月と12月と参戦するも敗戦を喫した。

約2年振りの参戦となった21年11月のRIZIN TRIGGER 1stで川中孝浩に一本勝ちを収め復帰戦を勝利で飾ったが、22年3月のRIZIN.34大阪大会で元UFCファイターの阿部大治に判定負けを喫し、連勝とはならなかった。

試合映像

2022.03.20 湘南美容クリニック presents RIZIN.34

2021.11.28 RIZIN TRIGGER 1st

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT



MOVIE

RESULT




FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信
twitter ツイッター インスタグラム youtube ユーチューブ LINE facebook フェイスブック

人気記事

This article is a sponsored article by
''.