ストラッサー起一
名前: ストラッサー起一
Strasser Kiichi
出身地: 日本 大阪府
生年月日: 1981年5月1日
身長: 178cm
リーチ: 184.5cm (72inc)
体重: 77.0kg
所属: 総合格闘技道場コブラ会
Twitter: @StrasserKiichi
Instagram: kiichi_kunimoto
YouTube: ストラッサー起一 [すとちゃんねる]


総合格闘家となる前はプロスケーターだった時期もあるなど、幼少の頃より様々なスポーツにチャンレンジしてきた経歴を持つ。06年にPANCRASEでプロデビュー戦に臨むも、その初戦は敗北を喫す。07年にさらなる技術習得を目指し渡米。フリースタイルアカデミーでトレーニングを行う。リングネームのストラッサー起一は、同アカデミーの代表である、デイブ・ストラッサーから取られている。その後はPANCRASEを中心に活躍し、途中二つの引き分けを挟み5連勝を飾るなど、着実に実績を残す。そして12年にHEATに参戦すると、ウェルター級王座決定戦でイ・ギュミョンを肩固めで破り、見事王座に戴冠。その実績が認められ14年に念願のUFCデビューを果たした。UFC174ではダニエル・サラフィンをチョークで破り、パフォーマス・オブ・ザ・ナイトを獲得するなど、群雄割拠するウェルター級戦線で体を張ってきた。

そのUFCから離脱し17年12月にRIZIN初参戦を果たすと、グラップラー北岡悟と対戦。パワーの差を見せつけ判定勝利を収めた。RIZIN2戦目となった18年8月の名古屋大会では自身の階級であるウェルター級で、 UFCで培われた技術と経験を武器にDEEP王者の住村竜市朗から肩固めでタップを奪い勝利を挙げた。その後はBellatorに戦いの場を移し、19年7月と12月と参戦するも敗戦を喫した。約2年振りの復帰戦となった21年11月のRIZIN TRIGGER 1stで川中孝浩を肩固めで極め勝利を挙げるも、翌22年3月の RIZIN.34では阿部大治に、23年4月のRIZIN.41では中村K太郎に敗戦し、苦しい2連敗となった。

再起戦となる今大会で勢いに乗るイゴール・タナベに世界を経験したベテランの意地を見せつけ、勝利を掴み取りたい。

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT

RIZIN LANDMARK 8
RIZIN LANDMARK 9 in KOBE
RIZIN.46

MOVIE

RESULT

RIZIN.45


FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信

人気記事

This article is a sponsored article by
''.