手塚基伸
名前: 手塚基伸
Motonobu Tezuka
出身地: 日本 長野県
生年月日: 1987年8月29日
身長: 168cm
リーチ: 169cm (67inc)
体重: 61.0kg
所属: シークレットベースドミネート/コブラ会
Twitter:
Instagram: sbd.mma
YouTube:

格闘技のバックボーンは小学生から始めた剣道と高校から始めた空手だ。高校生の時には禅道会全日本選手権軽量級で2005、2006年と2連覇という輝かしい実績を残し、並行して地元のグレイシーバッハ長野で柔術も習得、現在黒帯を取得している。二十歳の時に大阪に行き、コブラ会へ所属すると09年のDEEPフューチャーキングトーナメントで優勝を果たす。その後はPANCRASEを主戦場に連勝を重ねると10年3月の吉武伸洋戦から5連勝を飾る。11年8月のバンタム級次期王座挑戦者決定戦ではRIZINでも活躍した石渡伸太郎と対戦し、僅差で敗れたがそれ以降、再び3連勝を挙げた。12年11月のUFCマカオ大会に急遽参戦というチャンスを得て、アレックス・カサレス相手にUFCデビューを果たしたが、結果は判定1-2で初戦を勝利で飾ることができなかった。UFC2戦目となった13年2月のロンドン大会では山本“KID”徳郁をも下したことがあるヴァウアン・リーに判定負けを喫し2連敗となった。その後はGRACHANやHEATなど活躍し、14年7月のGRACHANで中村謙作との再戦で勝利を収め第3代GRACHANバンタム級王者に輝くと、続く9月のHEATバンタム級初代王座決定1dayトーナメントに参戦し、1回戦でアラン“ヒロ”ヤマニハ、決勝で祖根寿麻に連続一本勝ちを収め初代王者のベルトを巻く。19年6月からは修斗にも参戦し、奇天烈や小野島恒太、魚井フルスイング相手に3連勝を飾る。その後はコロナの影響で試合が流れる不運もあったが、21年4月に大阪で開催されたPANCRASEに約8年振りに参戦し、土肥潤相手に判定勝利を収めた。8月にはGRACHAN大阪大会で第5代GLADIATORバンタム級王者の竹本啓哉に判定勝ちし、12月にはRIZINで金太郎と熱戦を演じた伊藤空也の持つタイトルへ挑戦すると1R52秒腕十字による一本勝ちで王座奪取に成功し、6連勝を飾った。

RIZIN初参戦となった22年3月のRIZIN.34大阪大会で約7年半振りにアラン“ヒロ”ヤマニハと対戦するも、終始ヤマニハにコントロールされ一本負けを喫し連勝ストップとなった。22年10月のRIZIN.39でアゼルバイジャンのメイマン・マメドフにTKO勝利し、RIZIN初白星を挙げた。

試合映像

2022.03.20 湘南美容クリニック presents RIZIN.34

関連記事

NEXT EVENT



SPECIAL RECOMMEND

MOVIE

RESULT




FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信
twitter ツイッター インスタグラム youtube ユーチューブ LINE facebook フェイスブック

人気記事

This article is a sponsored article by
''.