中村K太郎
名前:中村K太郎
K-Taro Nakamura
出身地:日本 東京都
生年月日:1984年5月22日
身長:180cm
体重:76.0kg
所属:K太郎道場
Twitter:@ktanakamura


田村亮子の影響で5歳から始めた柔道をバックボーンとし、03年にプロデビュー。デビュー後は二つの引き分けを挟むも修斗、DEMOLITIONなどで15勝無敗を記録した。06年にはUFCに参戦し、以降はDREAM、戦極、DEEPを中心に活躍。SRCウェルター級シリーズ2010王者、DEEPウェルター級王座に戴冠している。15年にUFCに復帰すると日本大会でリー・ジンリャンから得意のチョークで一本勝ちを奪い、パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを獲得。復帰後8戦は強豪ひしめくUFCウェルター級で4勝4敗の記録を残した。

RIZIN初出場となった19年10月のRIZIN.19では、柔術で数々の実績を残したマルコス・ヨシオ・ソウザにTKO勝利。19年12月のBELLATOR JAPANではBellatorとの対抗戦で中堅を務め、“ザ・モンスーン”ロレンズ・ラーキンを相手に打撃戦を繰り広げたが3-0の判定負けとなった。

これまでに数々の強敵を沈めてきたチョークスリーパーを必殺技とすることから「裸絞十段」の異名を持つ日本を代表するグラップラー。その切れ味鋭い関節技だけでなく、的確なパンチも得意としており、どこからでも攻撃できる穴の少ないファイターだ。

関連記事

NEXT EVENT




MOVIE

RESULT




FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信
twitter ツイッター インスタグラム youtube ユーチューブ LINE facebook フェイスブック

人気記事

RECOMMEND

This article is a sponsored article by
''.