北方大地
名前: 北方大地
Daichi Kitakata
出身地: 日本 大阪府
生年月日: 1991年3月30日
身長: 163cm
リーチ: 160cm (62inc)
体重: 57.0kg
所属: パンクラス大阪稲垣組
Twitter: @kitakata_daichi
Instagram: kitakatadaichi330
YouTube: 北方大地のFight & Life TV

中学の時に『PRIDE』の影響を受けると、高校生1年生の時にプロ格闘家を目指し、パンクラス大阪へ入会する。アマチュア大会で実績を積み、10年3月のPANCRASEネオブラッド・トーナメントでプロデビューを果たす。着実に経験を重ねると、14年12月に石綱テツオを、その後は元修斗世界王者・室伏シンヤ、早坂優瑠を撃破し3連勝をあげ、PANCRASEストロー級王者の砂辺光久への挑戦権を得る。16年12月PANCRASEで砂辺との対戦が実現すると、リアネイキッドチョークを極められ王座戴冠とはならなかったが、砂辺に「稲垣組の最高傑作」と言わしめた。その試合以降、八田亮、ダニエル・パックマン、井島裕彰という強豪を退け、曹竜也との再戦にしてストロー級王座次期挑戦者決定戦で判定勝利を収めると、19年7月の砂辺との再戦にこぎつけた。5R開始早々に砂辺の飛び膝に右フックを合わせダウンを奪ったところにパウンドでTKO勝利を収めリベンジを果たすと共にチャンピオンに輝く。19年10月の修斗とPANCRASE王者同士による全面対抗戦に出場し、修斗王者の猿田洋祐と対戦したが、2Rに強烈なパウンドによるKO負けを喫し連勝ストップとなった。

RIZIN初参戦となった20年11月の竿本樹生戦では、フルラウンド激闘するも惜敗を喫し、再起戦となった21年6月の大阪大会では中村優作と対戦する予定だったが、大会当日の高熱により欠場を余儀なくされ、後に難病を患っていることが判明した。その後は12月のPANCRASEで宮澤雄大相手に初防衛を果たし、22年3月のRIZIN大阪大会で村元友太郎を判定で下し復帰戦を連勝で飾る。しかし7月のPANCRASEでは山北渓人に判定負けを喫し王座陥落、翌年4月のRIZIN.41大阪大会では神龍誠に肩固めで絞め落とされ、苦しい2連敗となった。

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT

RIZIN LANDMARK 8
RIZIN LANDMARK 9 in KOBE
RIZIN.46

MOVIE

RESULT

RIZIN.45


FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信

人気記事

This article is a sponsored article by
''.