金原正徳
名前:金原正徳
Masanori Kanehara
出身地:日本 東京都
生年月日:1982年11月19日
身長:172cm
体重:61.0kg
所属:リバーサルジム立川ALPHA
Twitter:@kaneharamma
Instagram:-

元SRCフェザー級王者。18歳の時に近所にあった道場を見学したのをきっかけに総合格闘技を始める。03年のDEEPでプロデビューを果たすと、その後はZSTを主戦場とし活躍する。

07年3月にはHERO‘S 2007 開幕戦に参戦し、徹肌ィ郎に判定勝ちを収めた。ZST、Shoot、DEEP、PANCRASEで戦績を残すと09年3月から戦極フェザー級トーナメントに参戦し、準決勝で日沖発に0-3の判定負けを喫する。しかし、日沖の負傷によるドクターストップで決勝に進出し、小見川道大に2-1の判定勝ちを収めグランプリ優勝を果たすと同時に初代戦極フェザー級王座に輝いた。同年の年末にDynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜のDREAM vs SRC 対抗戦で山本“KID”徳郁と対戦し、3-0の判定勝ちを収める。翌10年6月のSRC13のSRCフェザー級チャンピオンシップではマルロン・サンドロと対戦し、1R38秒に右アッパーでKO負けを喫し王座から陥落した。

10年12月の戦極 Soul of Fightで行なわれた「SRC VS DREAM 交流戦」で前田吉朗と対戦し、パンチラッシュでTKO負けを喫する。しかし、その後再びXplode Fight Series、DEEP、PANCRASEで6連勝を飾る。14年9月にはアレックス・カサレス戦でUFCデビュー戦を果たし、フルマークの判定勝ちを収めた。15年7月のハニ・ヤヒーラ戦では接戦を制することが出来ず、スプリット判定で黒星を喫する。16年1月にはランキング8位のマイケル・マクドナルドと対戦するも、2Rリアネイキドチョークで一本負けを喫し、2連敗となった。その後は国内のDEEPやQUINTET、KNOCK OUTではキックボクシングルールにも挑戦し結果を残す。

20年2月にRIZIN初参戦で第8代 DEEP バンタム級チャンピオンのビクター・ヘンリーと対戦し2RグラウンドパンチでTKOを喫し、試合後のインタビューでは「この試合で最後にしようと思っていた。引退します」と話した。

試合映像

2020.02.22 RIZIN.21

関連記事

NEXT EVENT


MOVIE

RESULT




FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信
twitter ツイッター インスタグラム youtube ユーチューブ LINE facebook フェイスブック

人気記事

This article is a sponsored article by
''.