石渡伸太郎
名前:石渡伸太郎
Shintaro Ishiwatari
出身地:大阪府大阪市
生年月日:1985年2月21日
身長:169cm
体重:61.0kg
所属:CAVE
Twitter:@caveshinta
Instagram:caveshinta

高校・大学の柔道部で培った確かな技術と、スタンドでの思い切りの良い打撃、そしてどんな相手にも真っ向勝負を仕掛ける漢気が魅力の日本バンタム級を代表するファイターの一人。大学卒業後、就職するも僅か3ヶ月で退職し、総合格闘家への道を歩み始める。06年に念願のプロデビューを果たすと、その後は修斗を主戦場に着実に実績を積み重ねる。戦極、SRCでも活躍し、これまで主戦場としていたパンクラスへの参戦は11年だ。パンクラス初戦こそドローに終わったが、同年12月には井上学を破り、第2代バンタム級キング・オブ・パンクラシストに輝く。17年には最強の挑戦者と言われたハファエル・シウバもフルラウンドを戦い抜き、フルマークの判定で勝利を挙げた。11年から対日本人にはほとんど負け知らずで、宇野薫、大塚隆史といったビッグネームを退けているが、唯一の黒星は堀口恭司。そのリベンジを果たすべくRIZIN2017バンタム級トーナメントに参戦すると、アクメド・ムサカエフに判定勝ち、ケビン・ペッシを1Rに強烈な右フックでKO勝利を収めてFInalラウンドに駒を進めると、準決勝で大塚隆史を破り、遂に堀口恭司が待つ決勝に辿り着く。決勝では堀口恭司と壮絶な戦いの末に2RにKO負けを喫したが、漢気溢れるファイトスタイルは多くのファンを魅了した。堀口戦の後はヘルニアの治療の為に戦線を離れていたが、2019年2月に回復を宣言すると、同年4月に8年間保持していたパンクラスのベルトを返上。RIZIN.17で復帰すると、UFCで活躍した佐々木憂流迦を相手にパンチ、グラウンド膝と攻め立て、最後はノースサウスチョークで1本勝ちを収め、完全復活の狼煙を上げた。激闘男がRIZINのリングで己の強さを証明する。

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT


MOVIE

RESULT

PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信
twitter ツイッター インスタグラム facebook フェイスブック LINE youtube ユーチューブ

RECOMMEND

This article is a sponsored article by
''.