マルコス・ヨシオ・ソウザ
名前:マルコス・ヨシオ・ソウザ
Marcos Yoshio Souza
出身地:ブラジル
生年月日:1984年12月5日
身長:178cm
体重:77.0kg
所属:ボンサイ柔術
Twitter:
Instagram:marcossouzabjj


RIZIN.15でRIZINデビューを果たしたホベルト・サトシ・ソウザの兄で、ソウザ家の次男としてブラジリアン柔術を叩きこまれた“ボンサイ柔術の天才”。3歳より父アジウソン・ソウザから柔道を学び、7歳の時にUFCで戦うホイス・グレイシーの姿に衝撃を受けて柔術を学び、04年に黒帯を取得。05年に来日すると5月に行われたブラジリアン柔術オープントーナメントで杉江アマゾン大輔を腕十字で沈め、大会MVP受賞と共に、その圧倒的な強さで強烈なインパクトを残した。

コパドゥマウ2005黒帯無差別級優勝を皮切りにヒクソン・グレイシー杯で2度(08、11年)、ワールドプロ柔術2013世界大会、コパブルテリア2013優勝と輝かしい実績を誇っている。12年からはMMAにも挑戦し、初参戦となったREAL Fight Championshipウェルター級王座決定トーナメントを制して初代王者となる。ここまでにMMA戦績は9戦8勝1無効試合(TKO1、一本勝ち6)と、柔術で培った極めの強さと巧みなボディコントロールで白星を重ねた。柔術、MMAで実績を残す一方で、桜庭和志が立ち上げたグラップリングイベントQUINTETに18年4月の旗揚げから参戦し、中心選手として活躍している。

19年6月のRIZIN.16神戸大会で、リング上からRIZINへの参戦を正式発表し、初参戦となった10月のRIZIN.19で同じくRIZIN初参戦となる元UFCファイターの中村K太郎と対戦するも1Rにパンチによるダウンでデビュー戦は黒星となった。20年2月のRIZIN.21ではRIZINバンタム級王者マネル・ケイプの兄貴分 ファルコ・ネトと対戦し1RグラウンドパンチでTKO、地元・浜松で見事勝利を収めた。

試合映像

2020.02.22 RIZIN.21

関連記事

NEXT EVENT


SPECIAL RECOMMEND

MOVIE

RESULT




FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信
twitter ツイッター インスタグラム youtube ユーチューブ LINE facebook フェイスブック

RECOMMEND

This article is a sponsored article by
''.