中原由貴
名前: 中原由貴
Yoshiki Nakahara
出身地: 日本 広島県
生年月日: 1992年10月13日
身長: 170cm
リーチ: 176cm (69inc)
体重: 66.0kg
所属: マッハ道場
Twitter: @yoshikinakahara
Instagram: yoshiki_nakahara
YouTube: 中原由貴 YOSHIKI NAKAHARA

元GLADIATORフェザー級チャンピオン。山本“KID”徳郁の活躍に憧れてMMAファイターを目指し、中学・高校は柔道部に入部。柔道では怪我に泣かされたが、高校3年生の夏に地元のパラエストラ広島に入門し、格闘技のベースを確立させる。高校卒業後はレジェンド桜井“マッハ”速人主宰のマッハ道場の門を叩き、プロを目指して鍛錬を積みアマチュアで4戦4勝すると、12年11月のGRACHANで上迫博仁相手にデビューを果たした。そのデビュー戦では1Rにギロチンチョークで一本勝ちを収めると、2戦目となった13年7月のGRACHANでは岸野絋樹を下し2連勝を飾る。14年4月には空位となっていたGLADIATORフェザー級王座を賭けて、浅倉秀和と対戦し、1RにTKO勝ちを収めて見事王者に輝く。15年1月からはPANCRASEに参戦を果たすと、その年の11月から18年12月まで破竹の7連勝を飾った。その強烈なパンチと左ミドルを武器にONEに移籍し、19年2月エミリオ・ウルティア戦でデビューを果たした。そのデビュー戦では3R中盤に左ストレートをクリーンヒットさせると最後はパウンドで仕留め勝利を飾る。続く5月にはブラジリアン柔術世界王者のゲイリー・トノンと対戦するも1Rにヒールホールドを極められ一本負けを喫した。その後はコロナ禍でなかなか試合ができなかったが、約1年7ヶ月ぶりとなった21年3月のONEで12戦無敗のルスラン・エミベックから1Rに左ストレートからのカウンターの右フックでダウンを奪い、パウンド連打で再起戦を勝利で飾った。連戦となった4月大会ではモンゴルのボクシング代表でもあるシネチャツガ・ゼルトセトセグと対戦。しかし相手の反則により勝利となり不完全燃焼に終わった。

その後は暫く試合が組まれずにいたが、22年7月のRIZIN.37でRIZIN初参戦。関鉄矢との打撃戦を制しRIZIN初白星を挙げた。同年10月のRIZIN.39では原口央にTKO勝利し、RIZIN2連勝となった。

関連記事

NEXT EVENT



SPECIAL RECOMMEND

MOVIE

RESULT




FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信
twitter ツイッター インスタグラム youtube ユーチューブ LINE facebook フェイスブック

人気記事

This article is a sponsored article by
''.