堀口恭司
名前:堀口恭司
Kyoji Horiguchi
出身地:日本・群馬県
生年月日:1990年10月12日
身長:165cm
体重:61.0kg
所属:アメリカン・トップチーム
Twitter:@kyoji1012
Instagram:kyoji1012

幼少より伝統派空手を学ぶ。PRIDEやK-1の影響を受けて空手からMMAへ転向した後、修斗で実績を積み重ね、13年にはUFCデビューし4連勝を飾る。世界中の実力者が鎬を削るUFCにあって、トップランキングに名を連ね、15年4月にはデメトリアス・ジョンソンとのタイトルマッチへと辿り着く。結果はDJの総合力の前に屈したが、敗れてなお堀口強しを印象づけた。16年からはアメリカの名門アメリカン・トップチームの所属になり、今まで以上に総合力を上げる。タイトルマッチ後は再び3連勝を挙げるが、日本格闘技を盛上げたいと17年3月にRIZIN電撃参戦を発表。同年4月のRIZINではフライ級日本人最強と呼ばれる元谷友貴を相手に、実力差を見せつけ圧勝した。同年に開催されたバンタム級GPに一階級上げて参戦すると、所英男、ガブリエル・オリベイラをKO葬。大晦日の準決勝ではアンゴラの超新星マネル・ケイプと対戦し、打撃やグラウンドコントロールで優勢に攻め続け、最後は肩固めでタップを奪った。決勝戦では石渡伸太郎と4年半ぶりに再戦。雪辱に燃える石渡を打撃で粉砕し、全試合KO・一本勝利の完全優勝を果す。昨年5月のRIZIN.10ではイアン・マッコールをわずか9秒でマットに沈め、試合後のマイクで那須川天心との対戦をアピール。7月のRIZIN.11では約5年振りに扇久保博正と再戦し、圧倒的な総合力で勝利を収める。続く、9月のRIZIN.13ではキックボクシングルールで那須川天心との“世紀の一戦”が実現し、熱戦を繰り広げた。そして、昨年大晦日にはRIZINバンタム級タイトルマッチでBellator世界バンタム級王者ダリオン・コールドウェルと対戦し、1・2Rはコールドウェルのタックルに苦戦を強いられるも、3Rには作戦通り見事フロントチョークを極め初代王者に輝く。2019年4月のRIZIN.15では元UFCランカーのベン・ウィンと対戦し、圧巻の1RKOで勝利を収めた。続く6月にはBellator世界バンタム級タイトルをかけてダリオン・コールドウェルとの再戦に臨むと、フルラウンドを戦い抜き、3-0の判定で勝利。これで史上初となる二団体同時制覇という偉業を達成し、世界的にも大きな注目を集めた。今後も “史上最強のMade In JAPAN”の挑戦から目が離せない。

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT



SPECIAL EVENT

MOVIE


RESULT

PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信
twitter ツイッター インスタグラム facebook フェイスブック LINE youtube ユーチューブ

人気記事

RECOMMEND

This article is a sponsored article by
''.