朴光哲
名前:朴光哲
Kotetsu Boku
出身地:日本 静岡県
生年月日:1977年5月27日
身長:175cm
体重:66.0kg
所属:KRAZY BEE
Twitter:
Instagram:

元修斗環太平洋ライト級王者、元ONE FC世界ライト級王者。師匠・山本“KID”徳郁と磨き上げた鋭い打撃を武器にKRAZY BEEの特攻隊長として、修斗、HERO’S、CAGE FORCE、DREAM、PANCRASE、ONEと国内外で活躍してきたベテランファイターだ。00年4月のK-1モンスターチャレンジ2000の重量級に出場すると準優勝を果たす。01年9月の全日本アマチュア修斗選手権ウェルター級(-70kg)で優勝。同年11月のプロ修斗デビュー戦でマーク・ドゥンカンと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ちを収める。04年1月に始まった修斗環太平洋ウェルター級王者決定トーナメントを順調に勝ち上がり優勝すると、05年9月にHERO‘Sのミドル級トーナメントリザーブファイトで元WEC世界ライト級王者のエルメス・フランカに、06年8月のHERO’Sでは元修斗世界ライト級王者のアレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラにそれぞれ判定勝ちを収め実力を知らしめた。07年3月にCAGE FORCEに初参戦しライト級王座決定トーナメントに出場すると順調に勝ち進むも12月の決勝でアルトゥール・ウマハノフにスプリット判定で負けを喫し、王座獲得とはならなかった。08年3月のDREAM.1に初参戦し“北欧の処刑人”ことヨアキム・ハンセンに判定で敗れる。その後は修斗に主戦場を戻すと坂口征夫、トニー・ハービー、児山佳宏、田村ヒビキという強豪に4連勝を飾る。12年6月にONEに初参戦するとゾロバベル・モレイラと対戦し3Rにアッパーの連打でTKO勝ちを収め王座獲得に成功。しかし13年4月のONEで青木真也との防衛戦で2RにRNCで一本負けを喫し王座陥落した。15年5月にはPANCRASEに参戦し、7連勝中の勢いに乗っている牛久絢太郎と対戦しTKO勝ちを収め、その後も19年8月のタン・リー戦までONEで戦い、20年より戦いの場を日本に移すことを決意した。

当初20年4月のRIZIN.22で自身の引退を懸け朝倉未来と対戦予定だったが、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響を受け中止に。約半年ぶりに有観客での開催が決定した20年8月のRIZIN.23で“修斗の昇り龍”青井人と対戦。3Rまでもつれ込むも0-3で判定負けを喫した。

2020.08.10
RIZIN.23 - CALLING OVER -
LOSE vs 青井人 3R 判定 (0-3)
試合映像

2020.08.10 RIZIN.23 - CALLING OVER -

関連記事

NEXT EVENT


MOVIE

RESULT




FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信
twitter ツイッター インスタグラム youtube ユーチューブ LINE facebook フェイスブック

This article is a sponsored article by
''.