佐藤執斗
名前: 佐藤執斗
Syuto Sato
出身地: 日本 愛知県
生年月日: 1998年2月2日
身長: 163cm
リーチ: 173.5cm (68inc)
体重: 53.0kg
所属: グラップリングシュートボクサーズ名古屋
Twitter: @syuuto0202
Instagram: syuuuuutoman
YouTube:


シュートボクシング関西地区を代表する注目株。DEEP初代ストロー級王者カン・サトーを兄に持つWMC I-1 51kg・54kg王者。格闘技のキャリアは空手から始まり、05年に柔術を始める。その後、キックボクシングへ転向し、名古屋のリングでキャリアを重ねる。16年にシュートボクシング・ヤングシーザーカップでプロデビューし、初戦を白星で飾る。シュートボクシングを主戦場にしながら、同年12月に香港で行われたWMC I-1 54kg級タイトルマッチでアルフレッド・クウォンを2R、TKOで倒してチャンピオンとなる。17年5月にROAD TO KNOCK OUT.1に出場も黒星を喫する。同年8月にWMC I-1 51kg級タイトルマッチでゲイリー・タンに判定で勝利し、2階級制覇を達成。

18年8月に地元・名古屋で開催されたRIZIN.12に参戦し、瀧谷渉太に判定で敗れるもお互いにダウンを取り合い、接近戦で打ち合うなど熱い試合を繰り広げた。それ以降はシュートボクシング、ムエタイ、REBELSで経験を積み、19年6月に韓国・釜山で行われたMAX FCフライ級タイトルマッチで王者のチョ・アルトゥールにフルマークの判定勝ちを収め新チャンピオンに輝いた。しかしその後はシュートボクシングで2連敗し、20年11月のRIZIN.25で政所仁に判定負けを喫し苦しい3連敗となった。復帰戦となった21年3月のKROSS×OVER 11で藤原あらしに勝利し、再びRIZINのリングに戻るも、21年3月のRIZIN.27で國本真義とフルラウンドの末、ドローとなった。22年3月のRIZIN.34大阪大会では再び政所仁と対戦。しかし1R目に体制を崩し倒れた佐藤の頭部に政所の蹴りが当たり、佐藤が脳震盪を起こしたと診断され、試合続行不可能でノーコンテストという結果に終わった。22年11月のRIZIN LANDMARK 4でKAZUNORIと対戦し、1R TKO勝利を挙げ、RIZIN初白星となった。

試合映像

2022.03.20 湘南美容クリニック presents RIZIN.34

2021.03.21 Yogibo presents RIZIN.27

2020.11.21 Yogibo presents RIZIN.25

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT

RIZIN LANDMARK 8
RIZIN LANDMARK 9 in KOBE
RIZIN.46

MOVIE

RESULT

RIZIN.45


FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信

人気記事

This article is a sponsored article by
''.