原口健飛
名前:原口健飛
Kento Haraguchi
出身地:日本 兵庫県
生年月日:1998年4月9日
身長:175cm
体重:59.0kg
所属:FASCINATE FIGHT TEAM
Twitter:@Kento_fft
Instagram:h_k_fft


Road to RIZINキックトーナメントを制した関西の天才児。幼少の頃にオリンピック競技の寸止め空手を習い始め、小学3年から中学3年まで聖武会館で研鑽を積む。高校生でボクシングへ転向し、17歳でプロデビュー。16年西日本新人王戦で準決勝まで勝ち上がる。17年にキックボクシングへ転向すると6月に関西の格闘技イベントALL BOX WORLDでプロデビューを果たし、白星を挙げる。わずか2ヶ月後の2戦目ではACCELフェザー級王座を奪取。続く11月にはRISEに初参戦し、DEAD OR ALIVE 57kgトーナメント1回戦でシュートボクシング日本スーパーバンタム級王者・内藤大樹と互角に打ち合い、判定までもつれる接戦を演じた。18年6月に行われたRISEのワンデイトーナメント、Road to RIZINキックトーナメントに出場し、1回戦でMOMOTARO、決勝では宮崎就斗を判定ながらも撃破し、見事RIZINの出場権を掴んだ。

RIZIN初参戦となった18年9月のRIZIN.13では、元K-1王者の大雅と対戦。激しい攻防を繰り広げたものの判定は1-0でドローとなり、RIZIN初戦を勝利で飾ることは出来なかった。その後、19年はRISEやINNOVATIONに出場し無敗の5連勝を飾ると、20年1月に行われたRISEライト級タイトルマッチで秀樹を1R KOで下し、第6代RISEライト級王者に輝いた。20年8月のRIZIN.23で大雅と再戦するも、1Rに強烈なパンチを浴びせ3ノックダウンを奪い完勝。2年前とは比べ物にならない圧倒的な実力差を見せつけた。

2018.9.30
RIZIN.13
DRAW vs 大雅 3R 判定 ドロー(0-1)
2020.08.10
RIZIN.23 - CALLING OVER -
WIN vs 大雅 1R 2分50秒 TKO(3ノックダウン)
試合映像

2020.08.10 RIZIN.23 - CALLING OVER -

関連記事

NEXT EVENT


MOVIE

RESULT




FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信
twitter ツイッター インスタグラム youtube ユーチューブ LINE facebook フェイスブック

This article is a sponsored article by
''.