前田吉朗
名前:前田吉朗
Yoshiro Maeda
出身地:日本 香川県
生年月日:1981年10月31日
身長:170cm
体重:58.5kg
所属:パンクラス大阪稲垣組 / ENCOUNTER
Twitter:
Instagram:yoshiro_maeda
YouTube:前田吉朗の格闘教室

00年の船木誠勝vs.ヒクソン・グレイシー戦に触発され、総合格闘技を学ぶために地元・香川を出てP‘sLAB大阪に一般会員として入会。アマチュア大会、パンクラスゲートで実績を重ね03年2月の梅木繁之戦でプロデビューを果たし、チョークスリーパーで一本勝ちを収める。その後もバレット・ヨシダ、アレッシャンドリ・ソッカ、フレジソン・パイシャオンなどの強豪外国人選手にも勝利し、デビューから破竹の12連勝を飾った。しかし、05年5月のPRIDE武士道でチャールズ・クレイジー・ホース・ベネットに初のKO負けを喫する。06年には、山本篤、DJ.taikiを破り初代フェザー級キング・オブ・パンクラシストとなった。08年にはWECで王者のミゲール・トーレスと世界バンタム級タイトルマッチを賭けて対戦。当時バンタム級世界最強と呼び声の高かったミゲール・トーレスと互角の激闘を繰り広げ、アメリカでも大きな反響を呼んだ。09年からはDREAMやDEEPを主戦場にし、10年10月のDEEPで大塚隆史に判定勝ちを収めると、同年年末のSRCでは戦極初代フェザー級王者の金原正徳を右フックでマットに沈め衝撃的なKO勝利を収める。12年2月のDEEPでは大塚隆史との再戦において見事一本勝ちを収め第3代DEEPバンタム級王者に輝いた。8月には和田竜光と対戦すると一本勝ちを収め初防衛戦に成功し、その大晦日のDREAMではバンタム級王者ビビアーノ・フェルナンデスと戦うビッグチャンスが到来したが一本負けに終わる。13年4月の2度目の防衛戦でDJ.taikiにKO負けを喫し王座から陥落となった。この敗戦によりバンタム級からフライ級に下げたが、14年2月のVTJでは神酒龍一に僅差で、6月のDEEPでは元DEEPフライ級王者の元谷友貴に一本負けを喫した。しかし、その後はDEEPやVTJ、修斗で越智晴雄、征矢貴、ランボー宏輔らに4連勝を飾り復活を果たすと、コンスタントに試合をこなし現在までに38勝19敗3分の戦績を残している(2021年10月現在)。

デビュー以来、常に日本軽量級の最前線で闘い続けてきたが、その集大成といえるこの試合でどのような闘いをみせるか期待したい。

                      
No data
関連記事

NEXT EVENT



MOVIE

RESULT




FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信
twitter ツイッター インスタグラム youtube ユーチューブ LINE facebook フェイスブック

人気記事

This article is a sponsored article by
''.