ミノワマン
名前: ミノワマン
Minowaman
出身地: 日本 岐阜県
生年月日: 1976年1月12日
身長: 172cm
体重: 88.0kg
所属: フリー
Twitter: @real_minowaman
Instagram: real.minowaman
YouTube: ミノワマン ワールド / Minowaman World

※「ミノワマン」→「ミノワマンZ」へ変更

※2022年9月以降の更新は「ミノワマンZ」のプロフィールページを更新いたします。

97年にパンクラス入団。常軌を逸したファイトスタイルが人気を博し、菊田早苗、郷野聡寛らと激闘を展開。また、闘いの場をDEEPにも求め、ヒカルド・リボーリオや田村潔司らとも名勝負を演じた。03年9月にはブラジルでシウマウ・ホドリゴと対戦し、天に指を突き上げてからの電光石火のヒザ十字固めで一本勝ち。現地のファンから「東洋の神秘」と称賛された。同年、主戦場をPRIDEに移すと、ステファン・レコ、フィル・バローニなどといった強豪から勝利。07年8月よりHERO‘Sに参戦し、ヒクソン・グレイシーの愛弟子、ケビン・ケーシーからKO勝ちを収める。無差別級での対戦を信条とし、バタービーンやズールといった巨漢ファイターとも真っ向勝負を展開。DREAM参戦後もイ・グォンボム、エロール・ジマーマンといったヘビー級戦士から勝利を収め、09年に行われたスーパーハルクトーナメントではボブ・サップ、チェ・ホンマン、ソクジュをすべて一本・KOで倒して見事優勝を果たした。得意の足関節技に、驚異的な力を秘める“火事場のクソ力”を武器にその後もDREAM、DEEP、GLADIATOR、ROAD FCなどにも参戦。勝ち負けを繰り返し、17年からはグラップリングの試合に出場。約1年9ヵ月ぶりとなった19年6月のPANCRASEで石川英司と対戦するも判定により敗れる。

20年大晦日のRIZIN.26で元力士・スダリオ剛と対戦。しかし、スダリオのカーフキックを効かされTKO負けを喫した。

2020.12.31
Yogibo presents RIZIN.26
LOSE vs スダリオ剛 1R 3分19秒 TKO(レフェリーストップ:グラウンドパンチ)
試合映像

2020.12.31 Yogibo presents RIZIN.26

関連記事

NEXT EVENT



SPECIAL RECOMMEND

MOVIE

RESULT




FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信
twitter ツイッター インスタグラム youtube ユーチューブ LINE facebook フェイスブック

人気記事

This article is a sponsored article by
''.