ダロン・クルックシャンク
名前:ダロン・クルックシャンク
Daron Cruickshank
出身地:アメリカ合衆国ミシガン州
生年月日:1985年6月11日
身長:173cm
体重:70kg
所属:Michigan Top Team
Twitter:@Cruickshank155

父親はMMAファイターで母親はキックボクサーという格闘家の両親の元に生まれ育ち、幼少時よりレスリングとテコンドーを習う。MMAはアマチュア大会で経験を積み、09年にKOTCでプロデビューを果たすと5連勝を飾る。その後、着実に経験を積み重ね、12年にはTUF15 Finalに出場しUFC定期参戦の権利を獲得。UFCでイーブス・エドワーズやホルヘ・マスヴィダル、KJ・ヌーンズらと激闘を繰り広げる。RIZIN初参戦となった16年4月の佐々木信治戦では、容赦ない打撃の雨を降らせて勝利を挙げ、RIZIN2戦目となった同年9月大会では、SBの絶対王者・アンディ・サワーを完封してみせた。3連勝をかけて迎えた16年年末の北岡悟との大一番では、北岡を切り裂き追い詰めたが、最後は乾坤一擲のフロントチョークの前に涙を飲んだ。17年4月にはRIZINの中量級で最も注目されている矢地祐介と対戦し、お互いに得意の打撃で攻め合うも1R中盤に強烈な右フックを浴び敗北を喫する。その後、アメリカのローカル大会KOPに出場し1RハイキックでKO勝利を収め復活を果たした。 約1年振りの日本での試合となった今年5月のRIZIN.10では、松本光史に左ハイキックの一撃で1R KO勝利を飾り、会場をヒートアップさせた。「誰が相手でも勝つ準備ができている」 と言葉を残して迎える今大会、派手なショーを披露するかに注目だ。

関連記事
続きを読む

人気記事

This article is a sponsored article by
''.