扇久保博正
名前:扇久保博正
Hiromasa Ogikubo
出身地:岩手県
生年月日:1987年4月1日
身長:160cm
体重:60.0kg
所属:パラエストラ松戸
Twitter:@hiromasa0401
Instagram:hiromonster0401

05年全日本アマチュア修斗選手フェザー級で優勝。07年プロデビューすると修斗フェザー級新人王を獲得する。11年修斗環太平洋フェザー級王者になると、翌年の修斗世界フェザー級タイトルマッチでは王者・岡嵜康悦をスリーパーホールドで仕留め世界王座獲得に成功する。しかし翌13年、破竹の勢いでタイトルマッチにたどり着いた堀口恭司と対戦し、2Rでスリーパーホールドを決められ王座陥落を喫してしまう。復活を賭けて臨んだ14年にはVTJフライ級トーナメントでは見事優勝を飾り、16年には修斗世界フライ級タイトルマッチで王者・菅原雅顕をフロントスリーパーホールドで破り、史上2人目の修斗世界王座の2階級制覇を達成した。修斗世界王者のタイトルを奪われた堀口選手に対する想いは熱く、16年にUFCの登竜門的リアリティ番組TUFシーズン24に参加する。この番組は、優勝者がそのままUFCフライ級王者デメトリアス・ジョンソンへの挑戦権に直結するというコンセプト。実現すれば当時UFC世界ランク3位だった堀口戦が視界に入る絶好の機会であり、現役修斗王者として満を持しての参戦であった。モチベーションも高く順調に決勝に進出するも、決勝では判定で敗戦。ファンの中には扇久保が勝っていたという声が多数上がるほど僅差の判定負けではあったが、UFC、その先の堀口選手への挑戦は夢半ばで終わった。しかし、堀口がUFCからRIZINへと戦いの場を移した事で、再び拳を交えるチャンスを得る。RIZIN.11で念願の堀口と対戦すると、フルラウンドを戦い抜いたが判定負けを喫する。2019年5月には修斗フライ級王座を防衛し、三度目となる堀口へのリベンジの機会を狙う。

2018.7.29
RIZIN.11
LOSE vs 堀口恭司 2R 判定 3-0
関連記事

NEXT EVENT

MOVIE

RESULT

PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信
twitter ツイッター インスタグラム facebook フェイスブック LINE youtube ユーチューブ

RECOMMEND

This article is a sponsored article by
''.