白鳥大珠
名前:白鳥大珠
Taiju Shiratori
出身地:東京都
生年月日:1996年2月2日
身長:183cm
体重:63.0kg
所属:TEAM TEPPEN
Twitter:@TaijuS22
Instagram:taijushiratori

幼い頃から極真空手を習い、極真空手小学6年全日本40kg、新空手K-3GP中学生50kgを優勝の実績を誇る。キックボクシングへ転向すると11年2月にムエロークでプロデビューし、12年7月にREBELSの「NEXT HEROES CUP」決勝戦では、倉科大地を破り優勝を果たす。13年12月にWPMF日本スーパーフェザー級王座決定戦で藤牧孝仁から判定で勝利を挙げ、高校3年生で王座を獲得。15年3月にプロボクシングへの転向を発表すると、5月のボクシングデビュー戦で須賀原直雄を1R 59秒でKOし勝利を飾る。16年に東日本新人王に挑戦するも2回戦で敗退となった。17年11月に日本ユースライト級タイトルマッチで初代王者・富岡樹への挑戦権を得るが判定負けを喫する。この敗戦を最後に8勝3敗の戦績を残し、18年4月にキックボクシングへカムバック。復帰戦となった6月のRISE.125での一馬戦は、1Rに左ストレートでKO勝利を挙げる。続く9月のRISE.127では嶋田将典を1R左ハイキックで沈め2連勝。11月のRISE.129にはスーパーフェザー級からライト級へ階級を上げると、RISEライト級3位の北井智大からダウンを奪い、大差の判定勝利を収め3連勝を飾る。昨年の大晦日にRIZIN初参戦を果たし、ウザ強ヨシヤを右飛び膝蹴りで沈める。今年2月にRISEライト級王座決定戦を秀樹と争い、TKOで第5代RISEライト級王者となる。さらにこの勝利でRISEの世界トーナメント、RISE WORLD SERIES 2019 -61kg Tournamentへの出場権を獲得し、初戦でヘクター・サンチアゴから判定勝利を挙げ準決勝へ進めた。キックボクシング復帰後、無敗街道を走っているRISEの次代を担うイケメンスターが再びRIZINの舞台で輝く。

関連記事

NEXT EVENT

MOVIE

RESULT

PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信
twitter ツイッター インスタグラム facebook フェイスブック LINE youtube ユーチューブ

RECOMMEND

This article is a sponsored article by
''.