矢地祐介
名前:矢地祐介
Yusuke Yachi
出身地:日本・東京都
生年月日:1990年5月13日
身長:176cm
体重:70.0kg
所属:KRAZY BEE
Twitter:@usk_yachi
Instagram:usk_yachi

元PXCフェザー級王者、元修斗環太平洋ライト級王者。中学3年の夏休みに部活を引退後、KILLER BEE(現KRAZY BEE)に通い始めると、プロデビューを見据えて08年頃からはMMAのプロ練習にも参加。師匠山本“KID”徳郁の元で着実に力をつけ、08年全日本アマチュア修斗選手権ではライト級優勝を飾る。09年4月の修斗でプロデビュー。12年11月に修斗環太平洋ライト級王座を獲得し、翌13年3月には初防衛に成功した。同年10月のVTJではリオン武に判定勝利を挙げると、グアムの総合格闘技団体PXCにも参戦。15年にはフェザー級タイトルに挑戦し、見事パンチの連打でTKO勝ちを収め、王座戴冠を果たした。16年末のRIZINデビュー戦では、大舞台に物怖じしないファイトを見せ、1Rわずか19秒でマリオ・シスムンドから秒殺勝利を飾った。更に翌17年RIZIN.5ではダロン・クルックシャンクから、続くRIZIN.6では北岡悟からも勝利を挙げ、RIZINデビューから3連続KO勝利の快進撃。そして迎えた大晦日のRIZIN.9では五味隆典と対戦すると、子供の頃に憧れたファイターでもある五味相手に真っ向勝負を挑み、最後は三角絞めでタップを奪って見せた。試合後にその五味から日本の格闘技の未来を託されるまでに成長を遂げた矢地が、今年のテーマとして掲げたのは“対・世界” 。そのテーマ通りとなったRIZIN.10での元UFCファイターのディエゴ・ヌネス戦では、一歩も引かぬ殴り合いを演じ、判定勝ちを収める。RIZINのリングでは5連勝と、最も注目される選手となった今、世界の強豪を倒し続け、世界へその名をアピールしたい。

関連記事
続きを読む

人気記事

This article is a sponsored article by
''.