ディエゴ・ブランダオン
名前:ディエゴ・ブランダオン
Diego Brandao
出身地:ブラジル
生年月日:1987年5月27日
身長:170cm
体重:70.0kg
所属:ジャクソンズMMA

父親の死をきっかけに14歳のときにブラジリアン柔術を始める。家族の生活費を稼ぐために若干16歳でプロ総合格闘技デビュー。ローカル団体で経験を積み、11年にはTFU14シーズンに参加を果たす。11年12月にそのTUF14のトーナメント決勝でデニス・バミューデスと対戦し、見事アームバーで一本勝ちを収め、フェザー級優勝を果たした。その試合ではファイト・オブ・ザ・ナイトとサブミッション・オブ・ザ・ナイトをダブル受賞という快挙を成し遂げる。12年5月のUFC初戦では判定負けを喫したが、その後は3連勝を挙げ、14年7月にはコナー・マクレガーと対戦し敗れるも、15年9月には菊野克紀を1R28秒でパウンドで葬り、パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞し高い評価を得る。しかし、16年1月のブライアン・オルテガ戦では1本負けを喫し、UFCからリリースされる。その後はエメリヤーエンコ・ヒョードルや、元UFCファイターが多く参戦するロシアの団体FIGHT NIGHTS GLOBALに参戦すると、17年1月のムラッド・マカエフ戦ではヘリコプターアームバーという華麗な技で一本勝ちを収め、2017ベストサブミッションにノミネートされた。今回はRIZINのリングでベテラン・北岡悟相手に元UFCファイターの強さを思いしらせる。

No Data
関連記事
No Contents

This article is a sponsored article by
''.