中村優作
名前:中村優作
Yusaku Nakamura
出身地:大阪府
生年月日:1986年6月21日
身長:165cm
体重:57.0kg
所属:チーム・アルファメール・ジャパン
Twitter:@621Yuchaku
Instagram:yuchaku621

バックボーンは3歳から始めた日本拳法。中学の時に全国優勝するなど数々のタイトルを獲得し、08年から総合格闘技のキャリアをスタートさせる。翌09年からは地元関西のアマチュア修斗大会に出場するなど、9戦8勝の好成績を残した。10年1月のDEEP45でプロデビューし、広斗をTKOで下すと、続くDEEP CAGE IMPACT2010 in OSAKA、DEEP50でそれぞれ裕希斗、寺田功をパンチで葬りデビュー3連勝を果たした。その後はDREAM、DEEP、VTJで活躍。13年8月から9連勝を飾り、16年にはローレンス・ディグリを破り、WSOF GC初代フライ級王者となった。日本拳法仕込みの圧倒的な打撃スキル、とりわけ一撃必殺のカウンターには絶対の自信を持っている。今年5月のRIZIN.10では数々の総合格闘家をなぎ倒してきた神童・那須川天心を相手に史上最大のアップセットを狙い、立ち上がりから積極的に仕掛けていくも胴回し蹴りを喰らい、ダウンを取られる。2Rには強烈な左ストレートをもらいTKO負けを喫した。日本拳法仕込みの必殺パンチを引っさげて“浪速の爆笑王”がRIZINの舞台に再び上がる。

関連記事

人気記事

This article is a sponsored article by
''.