大谷翔司
名前: 大谷翔司
Shoji Otani
出身地: 日本 愛媛県
生年月日: 1991年1月12日
身長: 178cm
リーチ: 176.5cm (69inc)
体重: 63.5kg
所属: スクランブル渋谷
Twitter: @G1897480
Instagram: g1897480
YouTube:

中学高校と野球少年だったが、PRIDEやK-1を見て格闘技に憧れ、部活を引退後は地元のキックボクシングジムに通い始める。高校卒業後は陸上自衛隊に入隊し、約5年間歩兵部隊に配属されると、そこでは徒手格闘訓練隊として毎日フィジカルトレーニングと日本拳法の訓練を積む。日本拳法の四国大会では何度か優勝を飾り、23歳の時にプロ格闘家になることを決意すると自衛隊を退職。アマチュアで14戦12勝2分と負けなしの戦績を残し、第13回J-NETWORKアマチュア全日本大会~秋の陣~でも優勝を果たす。15年、上京後はスクランブル渋谷で日々練習に励み、プロデビュー戦となった16年4月のREBELSで姜君相手にボディでKOしデビュー戦を勝利で飾る。同年6月のINNOVATION新人王トーナメント準決勝で橋本拓海を判定で破り2連勝を挙げたが、7月のREBELSではアマチュア時代に1度勝利し、RIZINにも参戦したことがあるウザ強ヨシヤに判定負け、その後も連敗を喫した。17年にはREBELSで雅King、NIIZUMAX!を破り連勝するも、9月のREBELS-MUAYTHAI ライト級王座決定トーナメントで良太郎に判定負けを喫し連勝ストップとなった。18年2月の雅駿介戦では肩を脱臼しTKO負けしたが、復帰戦となった同年12月のREBELS MUAYTHAIライト級次期挑戦者決定戦で3度目となったウザ強ヨシヤ戦を3-0で制し王座挑戦権を得る。翌19年1月には良太郎の持つREBELS-MUAYTHAIライト級タイトルへ挑戦したがドローに終わりタイトル獲得とはならなかった。その後も他団体の王者クラスと試合経験を積み、20年8月のINNOVATIONライト級王座決定戦で紀州のマルちゃんを破り王座獲得。12月にはKNOCK OUT-BLACKライト級王者のバズーカ巧樹とノンタイトルマッチで対戦し、ダウンを奪って判定2-0で勝利。21年9月にタイトルを賭けて再戦したが判定負けを喫し、王座奪取とはならなかった。同年12月にはINNOVATIONライト級の防衛戦で紀州のマルちゃんと再戦すると僅か81秒で葬り、初防衛に成功。22年3月には新日本キックボクシングのリングで重森陽太と対戦し0-2で敗れるも善戦した。

RIZIN初参戦となった22年4月のRIZIN TRIGGER 3rdで力也と対戦すると、ダウンを奪われてから3ノックダウンを奪い返し、逆転TKO勝利という激しい試合を演じ会場を沸かせた。

2022.04.16
SPASHAN presents RIZIN TRIGGER 3rd
WIN vs 力也 1R 2分52秒 TKO(3ノックダウン)
関連記事

NEXT EVENT



MOVIE

RESULT




FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信
twitter ツイッター インスタグラム youtube ユーチューブ LINE facebook フェイスブック

人気記事

This article is a sponsored article by
''.