マネル・ケイプ
名前:マネル・ケイプ
Manel Kape
出身地:アンゴラ
生年月日:1993年11月14日
身長:167cm
体重:59.0kg
所属:AKA Thailand
Twitter:@ManelKape
Instagram:manelkape

KOC / Invictus Promotion 王者。PRODIGIO(スペイン語で「天才」の意味)の異名を持つ、まさに天才肌のファイター。立って良し・寝て良しのオールランダーとして、ヨーロッパのMMA界で注目を集めている。プロデビューは12年5月地元ポルトガルで開催された格闘技イベントCage Fighters。その試合ではパンチによるTKO勝利を挙げ、翌年の同大会でも判定勝利を飾る。打撃・寝技ともに荒削りな部分はあるが、それを補って余りある身体能力は、かつてRIZINのリングで木村ミノルをワンパンKOしたチャールズ・ベネットを彷彿とさせる。また通常階級はフライ級(56.7キロ)ながら、「俺様に体重は関係ない」と言ってのける強心臓も、クレイジーホースばりのビッグマウスだ。野生の獣さながらの瞬発力と爆発力で、昨年10月のトーナメント1回戦では1Rで山本アーセンを左ハイキックで葬り、年末の2回戦では、試合前から挑発し続けたイアン・マッコールを大流血に追い込みTKO勝利を挙げる。続く大晦日の準決勝では堀口恭司と対戦。その堀口の強打をもらっても、決して怯まず、ハートの強さとタフネスで2Rを凌いだが、3R目に肩固めを極められ一本負けを喫した。敗れはしたが、堀口を相手にここまでの対応能力の高さを披露した。今年5月のRIZIN.10では朝倉海と1Rから激しい打撃戦を展開。スペクタルな試合と称される打ち合いを最後まで演じるも判定負けを喫し、判定に失望して帰国。9月のRIZIN.13では中村優作を締め落として一本勝ちも大会前の練習中に負傷し、両足骨折に近い状態でリングインしていたことが判明。年内最後の試合は万全の状態で納得のいく勝利を狙う。

関連記事

人気記事

This article is a sponsored article by
''.