山本美憂
名前:山本美憂
Miyuu Yamamoto
出身地:日本 神奈川県
生年月日:1974年8月4日
身長:156cm
体重:51.0kg
所属:KRAZY BEE / SPIKE22
Twitter:@MiyuuYamamoto
Instagram:miyuu_rizin

父はミュンヘン五輪レスリング日本代表の山本郁榮、弟は総合格闘家の山本“KID”徳郁、妹は女子レスリング世界王者の山本聖子、息子はレスリング世界ジュニア王者の山本アーセン。幼少時からレスリングの英才教育を受け、13歳にして第1回全日本女子選手権優勝。全日本4連覇を達成すると、91年には17 歳で世界選手権を制し史上最年少優勝の快挙を成し遂げた。94 年・95年には世界選手権連覇。結婚や出産などを機に現役を引退するも、11年6月に再び現役復帰を宣言。拠点をカナダに移し、カナダ代表での五輪出場を目指していたが、諸々の手続きが間に合わず断念した。新たなチャレンジとしてRIZINでのMMAデビューを決意し、16年9月のRIZINでいきなりシュートボクシングの絶対女王・RENAと対戦。デビュー戦とは思えない動きを見せるも、ニンジャチョークによる一本負けでMMAの洗礼を受ける形となった。そして16年大晦日にはアンディ・ウィンの前に敗れ、MMA2連敗。しかし17年7月大会ではキャシー・ロブを得意のタックルとパウンドで攻めたて、念願の初勝利を上げた。その勢いを駆って女子スーパーアトム級GP1回戦にエントリー。アイリーン・リベラと対戦するも、一本負けを喫してしまった。その後、練習環境を沖縄へ移して、心機一転。ベースのレスリングとMMAの技術の融合させた新たな戦闘スタイルで臨んだ今年7月のRIZIN.11では、MMAのキャリアでは格上の石岡沙織と対戦し、打撃で真っ向勝負を挑んだ。グラウンドでも落ち着いて対処し、躊躇なく顔面を踏みつけるなど、MMAファイターとしての成長を見せ、“闘う母”対決を制した。連続参戦となった9月のRIZIN.13では、16年大晦日に黒星をつけられたアンディ・ウィンとのリマッチが実現。得意のタックルからテイクダウンに成功すると、パウンドを落とすなど試合を終始優勢に進め完勝。その試合の約2週間前に他界した弟・山本“KID”徳郁へ勝利を捧げた。3大会連続参戦となる大晦日も勝利で飾り、勝ち越して来年に繋げたい。

関連記事
続きを読む

人気記事

This article is a sponsored article by
''.