那須川天心
名前:那須川天心
Tenshin Nasukawa
出身地:日本・千葉県
生年月日:1998年8月18日
身長:165cm
体重:59.0kg
所属:TARGET/Cygames
Twitter:@TeppenTenshin
Instagram:tenshin.nasukawa


「キックの神様が作り上げた最高傑作」と呼ばれる天才ファイター。
14年7月にプロデビューし、15年5月にプロ6戦目・史上最年少16歳でRISEバンタム級のベルトを奪取。同年8月に行われたBLADEの-55kgトーナメントでは、各団体の王者が集結したこのトーナメントを3戦連続KO勝利で優勝。
16年12月のKNOCK OUT旗揚げ戦では、タイ・ルンピニースタジアム現役スーパーフライ級王者を狙っていたというバックスピンキックを顎にヒットさせ衝撃のKO勝利を挙げた。

MMAデビュー戦となった16年大晦日のRIZINでは、29日、31日と二連戦・連勝し、天才のデビューに相応しいインパクトを残した。
17年4月の横浜大会ではフランシスコ・ギリオッティを秒殺KO、同年7月には才賀紀左衛門とMIXルールで対戦し、強烈な左ストレートで才賀をマットに沈めた。続く10月のRIZIN.7ではMMAルールでアマチュアボクシング5冠の藤田大和と打撃で真っ向勝負し、判定3-0の完封勝利を挙る。

17年の年末にはRIZINキックボクシングトーナメントに参戦し、1回戦で浜本“キャット”雄大をKO、決勝では10月大会で対戦した藤田大和と再戦し、圧倒的な強さで3ノックダウンを奪いトーナメント優勝を果たす。翌18年5月のRIZIN.10では中村優作を2R TKOで退ける。続く6月のRISEで強敵のロッタン・ジットムアンノンに判定勝利し、RISE初の世界王者を奪取。
9月のRIZIN.13では自身の憧れでもある堀口恭司と「世紀の一戦」との名に相応しい熱戦を繰り広げ、連勝記録を伸す。
そして、昨年大晦日のRIZIN.14ではスーパーエキシビジョンマッチで日本人で初めてフロイド・メイウェザーと対戦したが1Rに3回ダウンを喫し、セコンドのタオル投入により試合は続行不可となった。しかし、キャリアや体格差をものともせず、勇敢に立ち向かうその姿は多くの観客に勇気を与えた。

今年もRIZINを、そして日本の格闘技界を牽引する。

関連記事
Continue reading

NEXT EVENT

MOVIE

RESULT

PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信
twitter ツイッター インスタグラム facebook フェイスブック LINE youtube ユーチューブ

RECOMMEND

This article is a sponsored article by
''.