[RIZIN MMA特別ルール:
 3分3R / インターバル60秒(56.7kg契約)]

(Win)那須川天心 vs. カウイカ・オリージョ(Lose)
2R 0分37秒 アームトライアングルチョーク

2日前にMMAデビューを勝利で飾ったばかりの那須川が志願して実現した、まさかのMMA2連戦。

1R、サウスポースタイルで左ローで先制すると、組み付きからテイクダウンに成功したのは那須川。そのまますぐさまパウンドを連打するが、オリージョは下から三角絞めを狙う。立ち上がる那須川は強烈な左ローでオリージョをぐらつかせると、左ハイ、バックスピンキックを決めていく。懐に飛び込んできたオリージョは那須川をテイクダウンして首を取りに行くが、那須川はこれを外すと再び立ち上がり、強烈な左膝をボディに二発。打たれ強いオリージョが両足タックルでテイクダウンに成功。1R終了。

2R、オリージョのバックブローにカウンターの左フックを決めた那須川は、崩れ落ちたオリージョをフロントネックロックを極める。これでオリージョはあえなくタップ。那須川が見事な一本勝ちを収めた。

那須川は「こんばんは! 2試合ともKOできて嬉しいです。いい一年になったと思います。来年もキックボクシング界、MMAの両方、格闘技界を背負っていきたいと思います。応援よろしくお願いします。そしてこのRIZINでもキックボクシング(ルールの試合)も組んでいただけないかと思うんで、誰とでもやるんで、明日やってもいいんで、よろしくお願いします!」とマイクでアピールし大歓声を浴びた。

那須川天心のコメント

──今の率直な感想をお願いします。

那須川 いやあ、そうですね。絞めて勝てたんでよかったです。作戦では打撃でいこうと思っていたんですけど、相手もパンチが効いてくれて、そのあとタックルに来てたんので、ガブッて絞めるっていう練習をしていたので良かったです。

──ケガのほうは大丈夫ですか?

那須川 この2日間は大丈夫でしたけど、正直右腕もあまり動かず、それが本当に不安で試合にも影響出るかなと思ったんですけど、結果オーライかなって。

──寝技はとっさだったということですか?

那須川 とっさですね。一昨日極められたというのがあったので、打撃にいこうと思っていたので。絞めも練習していたので。

──宣言通り、やったことがないことをやりましたね。

那須川 1試合目は打撃、2試合目は絞め。いい正月を迎えられそうかなと思います。

──今後の目標は?

那須川 RIZINでキック部門を作ってもらいたいなというのもあって、そこでボクがキックでもMMAでも両方出ていって、真のチャンピオンになっていきたいなと思います。

──RIZINで立ち技となると武尊選手とやることを望まれると思うんですけど?

那須川 ファンが望むならどこでもやるんで。自分からやると言う必要はないなと思うんで。ファンが望むなら誰とでもやると思いますね。

──最後はニンジャチョークだったと思うんですけど、練習はされていたんですか?

那須川 練習していました。そっから回って絞めるっていう、スピニングチョークっていうカタチをやっていたんですけど、回らなくても前に入り込めたんで、極めちゃいました。

──距離が近かったのは慣れですか?

那須川 昨日が遠かったのは初めてだったというのもありましたけど、距離が掴めたので。今日は打撃でいこうと思っていたので詰めて。いつものスタイルで。ちょっと力みすぎてブンブン振っちゃったんで、そこは反省するところはあると思います。

──総合転身に関して、賛成意見と反対意見があったと思うんですけど、これで納得させられたと思いますか?

那須川 そうですね。そこはあんま考えないようにしてたんですけど、反対意見の人は今日や昨日の試合を見ればわかってもらえると思います。ボクの名前が上がればキックの名前も上がるだろうし、RIZINの名前も上がるし。ボクは挑戦していくだけなんで、誰がなんと言おうと自分の決めた道を歩むだけですね。

カウイカ・オリージョのコメント

──試合の感想をお願いします。

オリージョ 本当に日本で闘うということで、今までと違う感覚だと思っていたんですけど、楽しませてもらいました。タフな試合でしたけど、日本の皆さんに楽しんでいただけたと思います。

──那須川選手の印象をお願いします。

オリージョ 素晴らしいファイターだなと思いました。タフだし、とても強いです。立ち技、寝技も強かったと思います。私もスタンディング、グラップリングとゲームプランを立ててきたんですけど、やられてしまったなという感じです。

──準備期間が急だったと思いますが、またちゃんと準備してRIZINの舞台に立ちたいですか?

オリージョ ぜひ呼んでいただければやりたいなと思います。今回呼んでいただいて闘わせていただいたことは私にとってとても名誉なことでした。日本のファンの皆さんは素晴らしいし、イベントのエンターテインメント性も素晴らしいと思います。格闘技の世界で首都と呼ばれているのは日本ですから、この日本で闘えるのは名誉なことなんです。ここでファンに評価してもらい、ファンに期待されるような試合ができればと思います。

──那須川の寝技に関して伺いたいんですが、一般的なカタチとしては違うカタチで入ったと思うんですけど、外すのは難しかったですか?

オリージョ 実際、どうなっていくのかっていうのが見えなかったというのはありました。カタチを変えていこうと思っていたんですけど、気がついたら目を覚ましていました。今回はこのようなカタチになりましたけど、また戻ってきて、練習期間を取り、プランを立て、キャンプもやって試合をしたいですね。

──最後の決め技以外で那須川選手の攻撃に脅威を感じた部分を教えてください。

オリージョ 始まる前にプランを立てていた時に、前回の試合を観て、カウンターを打ち出してくるタイプだと思っていたんですけど、最初から動きが速くて、どのように動いていくるかわからないうちに終わってしまったという感じです。

Next

This article is a sponsored article by
''.