これを見ればRIZIN.15がもっと面白くなる!チャーリーガイドを大公開!
格闘技をさら楽しみたいなら選手の特徴や試合の見所を抑える事も重要なポイント。今回はRIZINのマッチメーカー「チャーリー」が独自の視点でRIZIN.15の見所を徹底解説!
観戦前に是非チェックしてみよう!

キング・モー VS イリー・プロハースカ

RIZIN MMA ルール:5分3R(93.0kg) ※肘有り

画像: RIZIN MMA ルール:5分3R(93.0kg) ※肘有り

キング・モー
大舞台慣れ|ボクシング力|テイクダウン|グラウンドコントロール|2015年決勝戦後2勝4敗

イリー・プロハースカ
決定率|体力|アグレッシブネス|当て勘|2015年決勝戦後7勝0敗

チャーリーガイド
初代RIZINライトヘビー級を決めるタイトルマッチ。共にRIZINで活躍した外国人同士の試合となる。キング・モーはRIZIN旗揚げのグランプリ決勝戦でイリーを倒して見事優勝。3年越しとなるリマッチは、互いの持ち味を最大限に発揮する試合になるだろう。

キング・モーは圧倒的なレスリングベースの上に大舞台で培ってきた経験と試合運び、イリーは若さと勢い、そして爆発力で押し切りたい。モーはきれいなボクシングにテイクダウンを合わせてイリーのペースを崩す試合運び、イリーはテイクダウンさせない事、されてもいかに立って自分の得意な分野で戦えるか、に照準を合わせてくるだろう。老獪さ際立つGP王者か勢いに乗る純朴な若手か。初代RIZINライトヘビー級王者を決定する時が来た。

堀口恭司 VS ベン・ウィン

RIZIN MMA ルール:5分3R(60.0kg) ※肘有り

画像: RIZIN MMA ルール:5分3R(60.0kg) ※肘有り

堀口恭司
飛び込み|試合運び|総合力|カウンター|体力

ベン・ウィン
フットワーク|当て勘|体幹|精神力

チャーリーガイド
堀口選手とウィン選手は、3年もの間共にUFCトップ戦線で活躍していながら交わる事は無かった。RIZIN GP王者、そして大晦日にベラトール王者を倒してRIZINバンタム級王者の2冠を達成した堀口選手は今乗りに乗っている。ウィン選手は軽快なフットワークから距離を保ち飛び込みながらラッシュを仕掛けるのが得意な選手で堀口選手と同タイプのスタイル。

ウィン選手は現在連敗こそしているものの、いずれも寝技のスペシャリストとの対戦で、ストライカーとの試合にはほとんど勝っている。堀口選手との相性はすこぶる良いし破壊力もある。両者同じスタイルで体格もほぼ一緒。距離の取り合いからどちらが先に仕掛けるのか、その緊張感は極上なものになる事間違いない。

朝倉海 VS 佐々木憂流迦

RIZIN MMA ルール:5分3R(61.0kg) ※肘有り

画像: RIZIN MMA ルール:5分3R(61.0kg) ※肘有り

朝倉海
当て勘|ラッシュ|爆発力|精神力

佐々木憂流迦
経験|バックコントロール|リアネイキッドチョーク|入場

チャーリーガイド
朝倉選手が佐々木選手に挑戦状を送り付けそれを佐々木選手が快諾しSNS上でのやり取りで実現した珍しい構図の試合。佐々木選手としては格の違いを見せつけたい所だし、堀口選手を意識している以上ここでつまずいている訳にはいかない。朝倉選手としては大物食いをして頂上へ一気に駆け上がって行きたいという背景を持つ両者。

両者異なるスタイルを持ち、佐々木選手は得意の寝技で極めたく、朝倉選手はそこに付き合わずに自分の得意な分野で勝負がしたい。ポイントは組みからのテイクダウンと離れ際。佐々木選手は倒したいが、朝倉選手の腰は非常に重い。どうやって組んで倒すか、組ませ無いようにするか、組まれても倒されずに離れ際で打撃を当てるか。組んだその先の展開が見どころ。

北岡悟 VS ホベルト・サトシ・ソウザ

RIZIN MMA ルール:5分3R(71.0kg) ※肘有り

画像: RIZIN MMA ルール:5分3R(71.0kg) ※肘有り

経験|駆け引き|プロ意識|サブミッション|入場

柔術|サブミッション|グラウンドコントロール|試合決定率

チャーリーガイド
今回の試合でプロ70戦目となる北岡選手とプロ8戦目でこれまで無敗のソウザ選手。スタイルだけで比べると両者ともグラップラーという括りになるが、その質はまるで違う。北岡選手はこの19年間で作り上げてきた総合敵に戦えるスタイルが確立されているのに対してソウザ選手は柔術界の至宝を言われている業界トップの実力をそのまま総合で通用させている。

総合の試合での引き出しの数では北岡選手の方が圧倒的に持っているが、グラウンドに持ち込んだ時のソウザ選手の決定率は現在100%。ソウザ選手のやりたい事はほぼ決まっている。北岡選手がどのような展開に持っていくかで勝負の方向性が大きく変わる。総合力を持ち今まで一度も一本負けの無い北岡選手か超強力得意分野を持ち全ての試合を完全決着してきているソウザ選手か。

ダミアン・ブラウン VS 武田光司

RIZIN MMA ルール : 5分 3R(71.0kg)※肘あり

画像: RIZIN MMA ルール : 5分 3R(71.0kg)※肘あり

重圧|打たれ強さ|勝負強さ|グラップリング

レスリング|フィジカル|グラウンドコントロール|スープレックス

昨年の大晦日に見事なRIZINデビューを果たしたダミアン選手。プロ30戦と経験豊富なベテランらしく非常にクレバーな試合運びをする一方で、強靭な精神力と打たれ強さで常に圧倒的なプレッシャーをかけてくる。高校レスリング五冠の武田選手はデビューしてまだわずか一年半ながらも、持ち前の身体能力とポテンシャルでここまで8戦して負け知らず。DEEPの王者にまで登り詰めた急成長株だ。

ベテラン対若手という典型的な構図になるが、UFCでも名勝負を繰り広げ、且つ冷静な試合運びをするダミアン選手に対して圧倒的に経験の浅い武田選手がどう立ち向かって行くのかが見どころ。ダミアン選手は打撃も寝技も十分に対応してくるオールラウンダーなので武田選手はテイクダウンをとっても油断はできない。23歳無敗の日本のライト級若手ホープの真価が問われる一戦となる。

朝倉未来 VS ルイス・グスタボ

RIZIN MMA ルール : 5分 3R(68.0kg)

画像: RIZIN MMA ルール : 5分 3R(68.0kg)

朝倉未来
打撃|勝負勘|試合運び|冷静さ

ルイス・グスタボ
総合力|試合決定率|ハングリー精神|サブミッション

「狂気」のキャッチフレーズが相応しい一戦。RIZINにデビューしてから冷静な試合運びと圧倒的な爆発力で勝ち星を重ねている未来選手。対するルイス”キラー”グスタボ選手も2018年夏に矢地選手を相手に衝撃的なRIZINデビューを果たした。

両者が醸し出す殺気は常に現場の空気をピリピリさせるものがあり、同じスタイルのファイター。立ち技も寝技もでき、どの状態でも試合を終わらせる事ができる。唯一違いがあるとしたら試合中の思考か。クレバーさを持ち合わせる未来選手に対し、ルイス選手は本能で身体を動かす。何が起こるか分からない、展開も予測できない。個人的に楽しみの一言。
 

マネル・ケイプ VS 伊藤盛一郎

RIZIN MMA ルール : 5分 3R(58.0kg)※肘あり

画像: RIZIN MMA ルール : 5分 3R(58.0kg)※肘あり

伊藤盛一郎
スクランブル|一本への拘り|寝技の流れ

マネル・ケイプ
当て勘|スクランブル|フィジカル|野性

キャラ先行型に思えるマネル選手はAKAに本拠地を変えてから実に総合格闘家としてまとまってきた感じがする。その分ある意味魅力だった荒々しさが無くなったのは否めないが、着々と総合格闘家としてのベースを上げている。対する伊藤選手は極めにこだわり、寝技の攻防が目まぐるしく変わる展開を演出するのが魅力のグラップラー。

フィジカルではマネル選手が優位か。しかし伊藤選手にはそれを補うスピードと技術があるので、マネル選手のディフェンス技術が問われる。伊藤選手としては佐々木憂流迦選手でも仕留められなかったマネルから是非とも一本を取りたい所。ポイントは戦いの主軸がどこで行われるか。グラウンドの展開にならない可能性も十分にある。

   
   
※その他カードも随時更新予定!

RIZIN.15 大会関連情報

≫ 大会情報/チケット
≫ 対戦カード一覧
≫ 2019.01.31 記者会見の模様
≫ 2019.02.08 記者会見の模様

This article is a sponsored article by
''.