パトリッキー・“ピットブル”・フレイレ
名前: パトリッキー・“ピットブル”・フレイレ
Patricky "Pitbull" Freire
出身地: ブラジル
生年月日: 1986年1月21日
身長: 170cm
体重: 71.0kg
所属: ピットブル・ブラザーズ
Twitter: @PatrickyPitbull‏
Instagram: patrickypitbull


※2023年5月以降の更新は「パトリッキー・ピットブル」のプロフィールページを更新いたします。

実弟は、Bellatorでフェザー級とライト級の二階級王者のパトリシオ・“ピットブル”・フレイレ。その弟と並び、Bellatorを象徴する選手の一人に数えられている。11歳よりブラジリアン柔術をはじめ、18歳となった05年にブラジルのローカルイベントでプロデビューを果たす。デビュー戦から3戦連続で踏みつけによるKO勝利を挙げ、好戦的な試合運びで頭角を表す。11年にBellatorへ初参戦すると、以降は現在に至るまでBellator一筋でキャリアを重ね、16年6月にはマイケル・チャンドラーとライト級王者決定戦に挑むもKOを負けを喫する。以降はBellatorで5連勝を飾り、この5連勝の中にはジョシュ・トムソン、ベンソン・ヘンダーソンといったビッグネームも含まれている。これまでの戦績は23勝9敗、そのうちBellatorで14勝を挙げている(2020年5月現在)。

19年10月のRIZIN.19より開催されたRIZIN FIGHTING WORLD GP 2019 ライト級トーナメントへBellatorからの刺客として参戦、一回戦で川尻達也をグラウンドパンチでマットに沈めると、19年大晦日の準決勝でブラジルのルイス・グスタボを1R28秒で下し難なく決勝へ進出。同日の決勝戦でアゼルバイジャンのトフィック・ムサエフと激しい攻防を繰り広げ会場を沸かせたが、判定3-0で敗れライト級GPは準優勝という結果に終わった。

一撃で試合を終わらせるパンチ力には定評があり、Bellatorで挙げた10のKO勝利は、同団体のレコードだ。また19年大晦日のトフィック・ムサエフとの一戦は、ファンが選ぶ『RIZINベストバウト』堂々の第1位に輝いた。

関連記事
No Contents

NEXT EVENT

RIZIN LANDMARK 8
RIZIN LANDMARK 9 in KOBE
RIZIN.46

MOVIE

RESULT

RIZIN.45


FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信

人気記事

This article is a sponsored article by
''.