竹野元稀
名前:竹野元稀
Genki Takeno
出身地:日本 愛知県
生年月日:1997年7月4日
身長:167cm
体重:57.0kg
所属:風吹ジム
Twitter:@genki_9774
Instagram:genki.sb
YouTube:

7歳から17歳まで柔道に打ち込み、中学生の時に愛知県大会ベスト8に輝く。中学の部活を引退した後に友人に誘われて今のジムに体験に行ったことがきっかけで格闘技を始める。アマチュア大会で7戦6勝1敗の戦績を残し、アマチュアシュートボクシング2014全日本王座を獲得。プロデビューとなった15年3月のシュートボクシングヤングシーザー杯で横山和宏に判定勝利し、連戦となった5月大会でも夏目優樹から勝利を挙げる。その後もコンスタントに試合をし、17年11月には第3代S-BATTLEバンタム級王座決定戦で小巻海斗から判定勝ちを収め王座獲得に成功した。その後は勝ち負けを繰り返したが、初防衛戦となった18年11月のS-BATTLEで田淵神太相手に判定勝利を挙げ防衛に成功。19年にSB日本スーパーバンタム級の王座挑戦権をかけたリーグ戦では今回の相手・内藤凌太からTKO勝利を挙げた。そのリーグ戦を制し次期挑戦権を獲得したが、新型コロナの影響で大会の延期や中止が続き、21年12月に王者・植山征紀と約4年半ぶりの再戦そしてタイトルマッチが実現。試合開始早々にパンチラッシュを仕掛けるも3Rにダウンを奪われ、レフェリーストップによるTKO負けとなった。23年5月のS-BATTLE内で行われたWBKF世界バンタム級王座を賭けて、RIZINも出場したことがある國本真義と約7年振り激突。延長戦までもつれ込み、最後は意地をみせ判定勝利、そして王座獲得に成功した。

RIZIN初参戦となった23年10月のRIZIN LANDMARK 6で内藤凌太とオープニングファイトで対戦し、フルマークの判定勝利を収めた。

2023.10.01
For Japan presents RIZIN LANDMARK 6 in NAGOYA
WIN vs 内藤凌太 3R 判定(3-0)
関連記事

NEXT EVENT

RIZIN LANDMARK 9 in KOBE
RIZIN.46

MOVIE

RESULT

RIZIN LANDMARK 8


FOR COMPANIES


PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信

人気記事

This article is a sponsored article by
''.